『美女と賢者と魔人の剣』のコミカライズ連載が本日配信のコミックヴァルキリーWeb版Vol.57より開始

現在、第3巻まで発売されているぽにきゃんBOOKS刊『美女と賢者と魔人の剣』のコミカライズ連載が、2017年12月28日配信の「コミックヴァルキリーWeb版Vol.57」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、とある老人からひとつの制約と引き換えに能力を手にした主人公が、美女と共に強大な魔人へと挑むバトルファンタジーを描く。コミカライズの作画はモティカ氏が担当しており、第1話が24ページで掲載された。「コミックヴァルキリーWeb版」は「BOOK☆WALKER」や「ニコニコ書籍」等で配信が行われている。

【原作小説第1巻あらすじ】

不思議な老人から、ひとつの“制約”と引き換えに『あらゆるモノの状態を見抜く能力』を与えられた俺、安良川 圭は、突然見たこともない異世界へと強引に転移させられてしまった。俺がその世界で生き抜くために出来ることは、その与えられた能力を活用し、読み取った情報を自らの成長に活かすことだ。だがある時、俺はその能力によって、自分の恩人であるはずの人物が重大な“秘密”を抱えていることに気づいてしまう。そんな中、俺は同じく秘密を追う黒髪の美女“グレイス”と出会い、彼女とともに真実へと迫っていった。ところがそこで遭遇した強大な力の前に、俺たち二人は為す術がない。まさに危機的な状況に陥る中、グレイスが覚悟を決めて俺に告げる。「手段は――あります」 そうして彼女は不意に、自らの衣服に手を掛けた――。異世界で出会う美女とともに、強大な魔人に挑むバトル・冒険ファンタジー、ここに開幕。

いよいよ連載が開始となったコミカライズ版『美女と賢者と魔人の剣』。「コミックヴァルキリー」公式サイトでも今後、公開が予定されいてるのであわせて注目しておきたい。コミカライズ版を読んで続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『美女と賢者と魔人の剣』は、ぽにきゃんBOOKSより第3巻まで発売中。

©2016 片遊佐牽太/ポニーキャニオン イラスト:六時

[関連サイト]

ぽにきゃんBOOKS公式サイト

美女と賢者と魔人の剣 2

片遊佐牽太(著), 六時(イラスト)

美女と賢者と魔人の剣 1

片遊佐牽太(著), 六時(イラスト)