【日刊試読タイム】『俺もおまえもちょろすぎないか』(MF文庫J)

随分と雪が積もっているようです。

さて、今回はMF文庫Jが2018年1月25日に発売する『俺もおまえもちょろすぎないか』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

付き合ってください!――少しでも“いい”と思ったらすぐに告白してしまう少年・星井出功成。そんな彼の前に一人の少女が現れる。初鹿野つぶら――彼女は、超がつくほど生真面目な性格で、どんなことでも真正面から受け止めてしまう子だった。誰にでも告白するナンパ男と思われている功成のことも、何か理由があるのだろうと一つ一つきちんと話を聞いてくれて……「好きだ!」そんな彼女に“俺のことを理解しようとしてくれた”と感動した功成は、すぐに告白! 対するつぶらは「私で喜んでもらえたのが嬉しい……この気持ちを理解したいのでもっと教えてくださいっ!」と、なんと付き合うことに!? 2人の恋路はまるで転がり落ちるように進展して――いく?

著者は保住圭先生。イラストはすいみゃ先生。保住圭先生は主にゲームのシナリオライターとして活躍されている作家です。本作は少しでも「いいな」と感じた女の子に告白を繰り返す主人公が、初めて自分のことを理解しようとしてくれた女の子に告白して始まるラブコメ作品のようですね。試し読みでは約55ページが公開されています。挿絵も2枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

どちらも真面目すぎるがゆえにちょろすぎるハイスピードラブコメ!

主人公は周囲からちょろい、簡単な性格だと言われている星井出功成。長らく彼女や恋人という存在を自分なりに考え、その上で彼女や恋人が欲しくてたまらない功成は、少しでも「いいな」と感じた女の子に対して告白を繰り返しては玉砕を繰り返してきていたのです。やがて周囲からは奇行を繰り返す変人扱いをされるようになり、話を聞いてくれる数少ない友人にも、功成の考えはなかなか理解してもらうことができずにいたのです。

何度フラれてもめげずにやってきた功成でしたが、この世界には自分のことを理解してくれる女の子なんて存在しないんじゃないか、そんな不安を覚えるようになってしまうのです。ちょろい性格だと言われる所以のひとつ、頼まれたら断れない性格から代理出席することになった美化委員会。そこで功成はひとりの女の子と出会うことになるのです。生真面目なオーラを振りまく中等部の女の子。功成の第一印象は「めちゃくちゃ怖い」だったのですが……。

美化委員会の合同作業で、怖いという印象を抱いた中等部の女の子・初鹿野つぶらと掃除を担当することになった功成は、彼女の生真面目さにはきちんとした理由があることを知り、自分もまた女の子の誰彼かまわずに告白をしているわけではなく、自分なりの理由があることを吐露するのです。すべてを理解することは難しくても、一定の理解を得ようとしてくれた女の子。功成の胸の内には生まれて初めての感覚が込み上げてくることになるのです。

試し読みでは自分という存在の理解に努め、弁護までしてくれた初鹿野つぶらに告白するところまでが公開されています。これまで繰り返してきた「付き合ってください」ではなく「好きです」という言葉で。周囲からはちょろいと言われてきた少年と、生真面目ゆえに自分の感情を確認したいと願うつぶら。真面目ゆえにちょろい二人が、どう自分たちの心と向き合っていくことになるのか注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©保住圭/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:すいみゃ

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト