DeNA×創通×文化放送のオリジナルアニメ創出企画「Project ANIMA」第一弾「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集開始

株式会社ディー・エヌ・エー×株式会社創通×株式会社文化放送の三社が共同でオリジナルアニメ作品を創出する「Project ANIMA」は、2018年2月1日(木)より、全三回にわたる作品募集の第一弾「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集をスタートした。作品の募集に合わせて、『クズの本壊』や『レトルトパウチ!』などで知られる漫画家・横槍メンゴ氏によるキービジュアルも公開。第一弾では6つの選考方法にて募集が行われている点も特徴的なプロジェクトと言えそうだ。

「Project ANIMA」は、2020年代のアニメファンに捧ぐ新しい作品を創出するための取り組みで、広く一般からアニメの原作となる作品を募集する。第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾、第三弾の三部門に分かれ、選出作はそれぞれ株式会社サテライト(代表作:「マクロス」シリーズ)、株式会社ジェー・シー・スタッフ(代表作:『とある魔術の禁書目録』ほか「とある」シリーズ)、株式会社動画工房(代表作:『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』)によってアニメ化される。作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチーム三社と各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、大賞作品がTVアニメ化されるほか、入賞作品についても書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討される。

【第一弾募集期間】

2018年2月1日(木)~4月15日(日)

【テーマ】

SF・ロボット(メカ)をテーマとした作品であれば、世界観やコンセプトは自由

【募集形式】

■小説選考

10,000文字以上の小説本編(未完結でも可)。もしくは3,000文字以上のプロット(完結必須)。

■脚本選考

800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、10,000文字以上の第1話の脚本。

■マンガ選考

800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、連載作品としての冒頭3話分(各話20p前後)の完成原稿、もしくは同程度のページ数のネームおよび作画見本。

■企画書選考

800字程度のあらすじ、300字以上の登場人物紹介にくわえ、作品の世界観やプロットのわかる企画書。

■イラスト選考

A4もしくはB4サイズのイラスト1点から5点。作品の世界観、キャラクターデザイン、メカデザインなど主題は不問。モノクロ、カラー、CGなど様式は不問。

■動画選考

60秒以上のアニメーション動画。セル、CG、Flashなど様式は不問

【審査員】

DeNA、創通、文化放送、サテライト

【結果発表】

中間発表:2018年6月

入選発表:2018年7月

大賞発表:2018年8月

DeNA、創通、文化放送の三社は「Project ANIMA」を通じて、世界に通用するようなクオリティの高い日本アニメの継続的な創出をめざすとともに、次世代を担うアニメ作家を幅広く募集していく。

[関連サイト]

「Project ANIMA」公式サイト