BOOK☆WALKERにて約100ページの短編が付属する『インフィニット・デンドログラム』第6巻特装版が発売

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は、HJ文庫刊『インフィニット・デンドログラム』第6巻の配信にあわせて、約100ページに及ぶ海道左近氏の書き下ろし短編「童話分隊」付属の特装版を期間限定で販売している。特装版に付属している短編は、『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』第1 巻で、主人公・レイが初めてフィールド狩りをした時に描かれた、乳母車・地雷原・鎖鎌使いの3 人がパーティを組み、冒険を始めていたという物語が描かれている。紙の書籍換算で約100 ページに及ぶ、大ボリュームのエピソードとなっている。

【第6巻あらすじ】

大学の始業までの間思いっきり遊ぶことを決めたレイは、ルークやマリーと共に海へ行く約束をしてゲーム内の宿屋で仮眠をとった。そして目が覚めた彼の前に現れたのは見知らぬ天井。レイは、王国最大の宗教クラン・<月世の会>に拉致されていた!! 現実でも宗教組織のトップに君臨し、王国最後の<超級>であり、実は大学の先輩でもあった月夜の目的とは――。「うちは、【女教皇】扶桑月夜。<月世の会>のオーナーや――よろしゅう」

【特装版販売期間】

2018年2月1日(木)~2月28日(水)

↓特装版の詳細はこちら↓

『インフィニット・デンドログラム』は、ラノベニュースオンラインアワードでも第1巻から第5巻まで、いずれも熱烈な支持を得て「総合部門」や「熱い部門」を中心に選出され続けている人気シリーズとなっているほか、「このライトノベルがすごい!2018」文庫部門で第3位、新作部門でも第2位を獲得。さらに昨年「BOOK☆WALKER」にて開催された「次のヒット作はこれだ!新作ラノベ総選挙2017」でも第1位を獲得しており、注目を集め続けているシリーズとなっている。

©海道左近/ホビージャパン イラスト:タイキ

[関連サイト]

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」

『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』特設サイト

HJ文庫公式サイト