【記事紹介】第18回電撃小説大賞・大賞受賞作 『エスケヱプ・スピヰド』九岡望さんインタビュー

電撃オンラインのウェブサイトで、電撃文庫 『エスケヱプ・スピヰド』の作者、九岡望さんのインタビューが掲載されている。

同作は昨年の電撃大賞・大賞受賞作で、2月10日に発売された作品。

リンク : 自分の好きなものを詰め込んで執筆した作品で第18回電撃小説大賞の大賞を獲得! 『エスケヱプ・スピヰド』の作者・九岡望先生にインタビュー!

【エスケヱプ・スピヰド】

昭和一〇一年夏、廃墟の町“尽天”。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る不思議な少年に出会う。命令無しに動けないという少年に、叶葉は自分を助けるよう頼む。それは、少女と少年が“主従の契約”を結んだ瞬間だった。少年は、軍最強の兵器“鬼虫”の“蜂”九曜と名乗った。兵器ゆえに人としての感情が欠落している九曜だが、叶葉はそんな彼を一人の人間として扱い交流していく。徐々に心を通わせていく二人。しかし平穏な日々は、同じ鬼虫である“蜻蛉”竜胆の飛来によって打ち砕かれ―!?閉じられた町を舞台に、最強の兵器たちが繰り広げるノンストップ・アクション。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。

(「BOOK」データベースより)

なお、電撃文庫公式サイトの新作紹介のページでは、同作の立ち読みが掲載されている。

(C) アスキー・メディアワークス 九岡望/吟

[関連サイト] 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE

記事:逢坂肇

[商品データ]