PASH!ブックス作品のコミカライズ連載も開始「コミックPASH!」がオープン 『くま クマ 熊 ベアー』『神統記(テオゴニア)』など

PASH!ブックス作品のコミカライズなども連載される「コミックPASH!」がオープンした。同サイトは女子も男子もみんながどハマり必至な強力ラインナップでお届けする完全無料のコミックサイトとして開設。新連載ラインナップとしてPASH!ブックス刊『くま クマ 熊 ベアー』や『神統記(テオゴニア)』、宝島社単行本『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』などがスタートした。今後もジャンルを問わず、様々な作品が掲載されることになる。

【原作小説あらすじ】

ゲームは現実より楽しいですか?―YES、現実世界に大事な人はいますか?―NO…オンラインゲームのアンケートに答えたつもりがまさかの異世界(たぶん)に飛ばされたわたし、ユナ。引きこもり歴3年の筋金入りのゲーマー。最初に着せられてた装備は「クマセット」…ってなんじゃこりゃ―!?でも強いし便利だし、まあいっか。ウルフを倒し、ゴブリンを討伐し、最恐クマ冒険者としていっちょやっていきますか。

⇒ コミカライズ版『くま クマ 熊 ベアー』はこちら

コミカライズ版『くま クマ 熊 ベアー』の作画はせるげい氏が担当しており、原作小説第9巻も2018年3月30日に発売となった。また『神統記(テオゴニア)』は第1巻の刊行とコミカライズ連載とが同時スタートとなった。作画は青山俊介氏が担当している。

⇒ コミカライズ版『神統記(テオゴニア)』はこちら

【原作小説あらすじ】

その日も、果てもなく殺し合いが続いていた…。灰猿人(マカク)、豚人(オーグ)、蜥蜴人(ラガート)…亜人種らの度重なる侵攻に苦しむ辺境の地。戦いのさなか、命の危機に瀕した少年カイの脳裏に突如甦えった前世の記憶。「おにぎりが食いてえなぁ…」 この世の『仕様』に気付きを得たカイは、神の加護のもと、抗い、這いずり、戦乱を生きる力を磨く――。広漠たる世界と深き謎、そしてひとりの少年の成長を綴る一大叙事詩。コミカライズも同時展開!

そして宝島社単行本より全4巻で発売されている『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』も同サイトにてコミカライズ連載がスタートした。作画を担当するのは白樺鹿夜氏となっている。

【原作小説あらすじ】

極寒の地を治める伯爵・リツハルド。男前の元軍人・ジークリンデ。彼女の鋭い眼差しに心奪われたリツハルドは、思わず告げる。「あっあの、自分と結婚して下さい!!」――一目惚れからはじまる、1年間のお試し婚。ソリを駆ってトナカイを狩り、解体&仕分け&熟成。ベリーを 摘み、保存食に蝋燭&伝統工芸品も作る合間に、凍結湖で魚釣り。熟成肉の香草焼きに、トロけるチーズとパリパリソーセージ、木の実いっぱいのパンとほかほかサーモンシチュー。自給自足な狩猟民族的スローライフを通して、奥手な2人は無事、正式な夫婦になれるのか!? 応募総数6284作! 日本最大級のライトノベルコンテスト「第3回なろう(小説家になろう)コン大賞、金賞受賞作!! オーロラ輝く辺境ではじまる、不器用夫婦(仮)のほのぼの生活、スタートです。

⇒ コミカライズ版『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』はこちら

いずれの作品もコミカライズ版の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでもらいたい。

©くまなの/主婦と生活社 イラスト:029

©谷舞司/主婦と生活社 イラスト:河野紘一郎

©江本マシメサ/宝島社 イラスト:あかねこ

[関連サイト]

PASH!ブックス(主婦と生活社)公式サイト

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト

くま クマ 熊 ベアー

くまなの(著), 029(イラスト)

神統記(テオゴニア)

谷舞司(著), 河野紘一郎(イラスト)