OVA版『ロードス島戦記』デジタルリマスターBlu-ray BOXスタンダードエディションが2018年8月24日発売決定

スニーカー文庫刊『ロードス島戦記』の生誕30周年記念特別企画として、OVA版『ロードス島戦記』デジタルリマスターBlu-ray BOXスタンダードエディションが、2018年8月24日に発売することが決定した。シリーズ累計1,000万部を突破し、日本のファンタジー小説史上に金字塔を打ち立てた水野良氏の『ロードス島戦記』は、2018年に生誕30周年のメモリアルイヤーを迎える。デジタルリマスターBlu-ray BOXでは、OVA版全13話のオリジナル35mmネガフィルム素材を発掘し、ネガテレシネによるデジタルニューマスターを作成したハイクオリティ画像でお届けする。

【OVA版『ロードス島戦記』ストーリー】

ロードス島。そこには「帰らずの森」「風と炎の砂漠」「暗黒の島」「蠢く地下迷宮」といった恐るべき場所がいくつも存在する。ロードス支配を目論む暗黒の島・マーモの暗黒皇帝・ベルドの背後には、強力な力を秘めた魔女・カーラの暗躍があった。辺境の村・ザクソンに住む剣士・パーンは、勇者を夢見て親友の神官・エト、ドワーフの屈強な戦士・ギム、魔術師・スレインと共に旅立つ。やがて一行にはエルフのディードリット、怪盗ウッド・チャックなどが加わる。戦争のさなか、英雄を志す彼らの冒険の旅には、ドラゴンや怪物との戦いなど、様々な試練が待ち受けていた。

毎回生産特典にはキャラクターデザイン・総作画監督である結城信輝氏のイラストを使用した美麗なポストカードセットを封入。価格はお得な12,000円(税抜)。1980年代より「幻魔大戦」「カムイの剣」などの劇場大作をつぎつぎと手がけたマッドハウスがアニメーションを制作し、豪華スタッフ陣によるハイクオリティ作品を手にしてもらいたい。生誕30周年となる2018年はファンタジーファン必見の関連商材、イベントが目白押しとなる。盤石のクロスメディア展開でメモリアルイヤーを盛り上げていく。

【キャスト】

パーン:草尾毅

ディードリット:冬馬由美

ギム:坂口芳貞

エト:山口勝平

スレイン:田中秀幸

ウッド ・チャック:若本規夫

カーラ:榊原良子

ファーン王:阪脩

ベルド:石田太郎

カシュー王:池田秀一

アシュラム:神谷明

ナレーション:永井一郎

【スタッフ】

原作:安田均、水野良(角川スニーカ文庫刊)

撮影監督:石川欣一

製作総指揮:角川歴彦

企画:田宮武

総監督:永丘昭典

シリーズ構成:渡辺麻実

キャラクター原案:出渕裕

キャラクターデザイン・総作画監督:結城信輝

サブキャラクターデザイン:箕輪豊

美術監督:金子英俊

音楽:萩田光男

音響監督:本田保則

オープニングテーマ:Sherry/「AdèssoeFortuna~炎と永遠~」

エンディングテーマ:Sherry/「風のファンタジア 」

アニメーション制作協力:マッドハウス

製作:角川書店、丸紅、TBS

©水野良・グループSNE・角川書店・丸紅・TBS

[関連サイト]

スニーカー文庫公式サイト