『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』のコミカライズが早くも決定

2018年4月10日に第1巻が発売となったTOブックス刊『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』のコミカライズが早くも決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、体重100kgを超える引きこもりの主人公が異世界に召喚されて始まる物語。ところが低すぎるステータスを罵られた結果、強制送還されることになってしまう。またこれまで通りの引きこもり生活が始まると思いきや、異世界のお姫様も送還に巻き込まれてしまい、彼女を送り返すために必要なダイエットに臨む姿を描く。コミカライズの連載は「WEBコミックガンマぷらす」にてスタートが予定されている。

【あらすじ】

10年来の引きこもりの藤堂晴彦(32歳)は運動不足と過食が祟って、現在の体重は126kg。そんな彼がある日突然異世界に勇者として召喚されてしまう。だが、ステータスは一般人以下で、失望した異世界の軍人から豚野郎と罵られる始末。その結果、晴彦は日本に強制送還されてしまうが、何とそこに異世界のお姫様もうっかり巻き込まれていた!彼女を元の世界に帰すには、晴彦が理想体重の58kgまでやせて、異世界への門を解放しなければいけない。というわけで、2人の壮大なるダイエット計画が幕を開けるのだった!――結果にコミットするダイエットファンタジー!

連載の開始は2018年5月が予定されている。コミカライズの作画担当者や連載開始時期の詳細は今後の続報を待ちたい。第1巻の発売とあわせて早くもコミカライズが決定した本作を読んでみよう。『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』は、TOブックスより第1巻が発売中。

©しぐれあめ/TOブックス イラスト:KACHIN

[関連サイト]

TOブックス公式サイト