『その者。のちに…』の新コミカライズが今夏スタート 作画を成家慎一郎氏が担当し再始動へ

現在、第8巻まで発売されているアース・スターノベル刊『その者。のちに…』のリブートコミカライズが、今夏始動することが決定した。同作のコミカライズは昨年3月に彩乃浦助氏が作画を担当してスタート。10月には単行本第1巻も発売され、発売直後に重版も行われていた。しかし、その後の連載はストップとなり、このたび新たに再始動することが明らかとなった。リブート版コミカライズの作画は成家慎一郎氏が担当することも決定しており、「コミック アース・スター」にて連載開始予定となっている。

【原作小説あらすじ】

幼なじみの恋人を勇者に取られて、家を飛び出したフツーの人・ワズ。山にこもって魔物相手に闘ううちに、「STR(攻撃力):我が一撃は星を砕く」「VIT(防御力):聖剣でも折れます」と、いつの間にか最強の人に!! 強者の冒険者もギルドマスターも龍王ですら、もはやワズの敵ではない。だけどなぜだか、思いを寄せる美女だけは、空振ってしまう。どうして~!? ハーレムを求めて旅に出る勇者・ワズの痛快冒険ストーリー!!

連載は今夏のスタートが予定されており、再始動するコミカライズを前にぜひ原作小説も読んでもらいたい。シリーズ累計20万部を突破する『その者。のちに…』は、アース・スターノベルより第8巻まで発売中。

©ナハァト/アース・スターエンタテイメント イラスト:三弥カズトモ

[関連サイト]

アース・スターノベル公式サイト

その者。のちに… 08

ナハァト(著), 三弥カズトモ(イラスト)

その者。のちに… 01

ナハァト(著), 三弥カズトモ(イラスト)