細田守監督最新作『未来のミライ』の原作小説が6月15日に角川文庫より発売決定 角川つばさ文庫&スニーカー文庫からも発売へ

2018年7月20日に公開される映画『未来のミライ』の日本公開に先駆け、KADOKAWAより原作小説の発売が決定した。『未来のミライ』はいまや世界で最も注目を集める映画監督・細田守氏とスタジオ地図が贈る最新映画で、世界三大映画祭の一つとしても知られる、第71回カンヌ国際映画祭期間中に実施される「監督週間」に選出され、公式上映されることも発表されている。発売となる原作小説は、細田守監督自らが執筆。まず、角川文庫より原作小説『未来のミライ』を6月15日に発売する。

【内容】

生まれたばかりの妹に両親の愛を奪われ、戸惑うくんちゃん。ある日、未来から来た妹・ミライちゃんと出会いました。彼女に導かれ、時をこえた冒険に旅立ちます。幼い頃の母、青年時代の曽祖父――様々な出会いを経て、くんちゃんが最後に辿り着いた場所とは。

原作小説『未来のミライ』は児童文庫レーベルの角川つばさ文庫(6月30日発売予定)と、ライトノベルレーベルのスニーカー文庫(7月1日発売予定)からも発売される。

【映画『未来のミライ』詳細情報】

タイトル:『未来のミライ』

監督・脚本・原作:細田守(『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15))

キャスト:上白石萌歌/黒木華/星野源/麻生久美子/吉原光夫/宮崎美子/役所広司

オープニングテーマ・主題歌:山下達郎

企画・制作:スタジオ地図

公開:2018年7月20日(金)

©2018スタジオ地図

[関連サイト]

『未来のミライ』公式サイト

角川文庫公式サイト