『戦うパン屋と機械じかけの看板娘』ボイスドラマ第2弾の配信が開始 スヴェンの姉妹機・レベッカ役を鈴木みのりさんなど

現在、第7巻まで発売されているHJ文庫刊『戦うパン屋と機械じかけの看板娘』のボイスドラマ第2弾の配信が「A-koe」にて開始となった。本作は戦場で「白銀の狼」と呼ばれた英雄が、夢であったパン屋をかつての愛機であるAIから生まれた少女と共に営む街角繁盛期を描く。ボイスドラマは2015年以来となり、今回の第2弾「センチネル・レベッカ」では、スヴェンの姉妹機であるレベッカと、彼女たちの生みの親であるダイアンを中心としたストーリーが書き下ろしで展開される。このたび第1話「開幕のご挨拶」が公開された。

【原作小説第1話あらすじ】

人型強襲兵器を駆り「白銀の狼」と呼ばれた英雄ルート・ランガートの夢はパン屋を開くこと。戦争が終わり、無事パン屋を営むルートだったが、その怖い顔のせいか、さっぱり売れない。そこで窮余の策で募集したウェイトレスとしてやってきたのは、ルートの軍人時代の愛機「アーヴェイ」のAIから生まれたという白銀の髪と赤い瞳を持つ美少女だった。

【ボイスドラマキャスト】

レベッカ・シャルラハート: 鈴木みのり

ソフィア・フォン・ルンテシュタット: 関根明良

ダイアン・フォーチュナー: 田所陽向

マリッサ・ヘイヴン: 春野杏

⇒ ボイスドラマ第2弾はこちら

ボイスドラマは今後、順次話数が公開されていくことになる。ボイスドラマを聴いて本作に興味を持った方は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『戦うパン屋と機械じかけの看板娘』は、HJ文庫より第7巻まで発売中。

©SOW/ホビージャパン イラスト:ザザ

[関連サイト]

ボイスドラマサービス「A-koe」

『戦うパン屋と機械じかけの看板娘』特設ページ

HJ文庫公式サイト