『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』がシリーズ累計100万部を突破

現在、第6巻まで発売されている電撃文庫刊『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』が、2018年5月9日の増刷分をもってシリーズ累計100万部を突破することが明らかとなった。本作は『ソードアート・オンライン』の《ファントム・バレット編》とリンクする外伝作品で、次世代オンラインゲーム「ガンゲイル・オンライン」を舞台に、主人公・レンの活躍を描いた作品。2018年4月からはTVアニメも好評放送中となっている。その反響を受け、TSUTAYAの週間ライトノベル売上ランキングでも原作小説がベスト10にランク入りするなど注目を集めている。アニメも放送中の人気シリーズが100万部の大台に乗った。

【第1巻あらすじ】

身長183cmの女子大生・小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。長身コンプレックスが災いし、《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのは、鉛弾が飛び交い、硝煙のけぶるVRMMO《ガンゲイル・オンライン》だった。身長150cmにも満たない理想の”チビ”アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身にまとい、愛銃《P90》を携えるプレイヤー”レン”となって《ガンゲイル・オンライン》の世界を駆け回る!

『ガンゲイル・オンライン』は、TVアニメ「『ソードアート・オンラインII』ファントム・バレット編」で、時雨沢恵一氏がアニメに登場する銃器監修を担当したことをきっかけに誕生した。今回の100万部突破を受けて同氏は「100万部突破、嬉しく思います! この作品を愛してくれた皆様、本当にありがとうございます! そして『ソードアート・オンライン』の世界を使うことを許可してくれた川原礫さんには足を向けて寝られないので、いつも寝るとき方位が気になる!」とコメント。イラストを担当する黒星紅白氏も「100万部おめでとうございます!ありがとうございます! 支えて頂いた、応援して頂いたすべての皆様に感謝です。どんどんおっかなくなっていくピンクの悪魔ちゃんの活躍、これからも宜しくお願いします」とそれぞれコメントを寄せた。

TVアニメも放送中の『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』は、電撃文庫より第6巻まで発売中。最新7巻も2018年6月9日に発売する。

©時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:黒星紅白

[関連サイト]

TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』公式サイト

『ガンゲイル・オンライン』原作公式サイト

電撃文庫公式サイト