『灰と幻想のグリムガル』ドラマCDの追加キャストに鈴木達央さん CD2枚組の大ボリュームにクザクも登場決定

アニメキャスト再集結のドラマCD化が発表されていたオーバーラップ文庫刊『灰と幻想のグリムガル』より、待望のドラマCDが最新13巻の特装版に付属して発売となる。本作はゲームのような世界「グリムガル」で、ほとんどの記憶を失った状態で目を覚ました少年少女たちが、同じ境遇の仲間たちと生きるために前へと進む冒険譚を描いた作品。キャスト陣の再集結は2016年のアニメ以来となる。さらにドラマCDは豪華2枚組の大ボリュームとなり、アニメでは登場のなかったクザクの出番もあるという。クザク役は鈴木達央さんが担当していることも明らかとなった。

【ドラマCDストーリー】

“アウェイク”――どこからともなく聞こえてきたその声で目覚めたハルヒロは見知らぬ場所でパーティのみんなを出逢う。そこには、マナト、モグゾー、クザクもいて――!? これは小説・アニメでも描かれていないグリムガル異聞。

【ドラマCDキャスト】

ハルヒロ: 細谷佳正

ランタ: 吉野裕行

マナト: 島﨑信長

モグゾー: 落合福嗣

ユメ: 小松未可子

シホル: 照井春佳

メリイ役: 安済知佳

クザク役: 鈴木達央

ドラマCDの脚本は十文字青氏の完全書き下ろしストーリーとなるほか、特装版のスリーブケースはアニメのキャラクターデザイン・総作画監督を務めた細居美恵子氏の描き下ろしとなることも決定。アニメには登場しなかったクザクがどんな形で登場することになるのかドラマCDを楽しみにしたい。『灰と幻想のグリムガル』は、オーバーラップ文庫より第12巻まで発売中。最新13巻の通常版・ドラマCD付特装版も2018年6月25日発売。

©十文字青/オーバーラップ イラスト:白井鋭利

[関連サイト]

TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』公式サイト

十文字青・オーバーラップ文庫特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト