『狼領主のお嬢様』のコミカライズが決定 前世の自分を断罪した領主との“偽りの恋”の行方を描く物語

現在、第2巻まで発売されているカドカワBOOKS刊『狼領主のお嬢様』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、悪逆領主の娘として処刑された少女が、かつての断罪の地に転生して始まる物語を描く。前世で偽りの恋人であり仇でもある男の館のメイドとなり、その数奇な運命が再び動き出すことになる。コミカライズの作画は柑奈まち氏が担当することも決定しており、連載は「ビーズログコミック」にて予定されている。

【第1巻あらすじ】

悪逆領主の娘として処刑された記憶を持ち、前世と同じ場所・ライウス領に転生した少女・シャーリー。現在この地を治めるカイドは、前領主の悪事を暴き断罪した立役者であり、シャーリーの前世の“偽りの恋人”で―仇だった。修道女になるはずのシャーリーが、カイドの館のメイドになった時、運命は再び動き出す。15年前の過ちと嘘、ライウス領を狙う陰謀、そして“ライウスの徒花”の真実…。全てを巻き込み、転生しても続く“偽りの恋”の行方は―。

コミカライズの連載時期は今秋開始予定となっており、詳細については続報を楽しみに待ちたい。コミカライズも決定した『狼領主のお嬢様』は、カドカワBOOKSより第2巻まで発売中。

©守野伊音/KADOKAWA イラスト:SUZ

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト

狼領主のお嬢様 2

守野伊音(著), SUZ(イラスト)

狼領主のお嬢様

守野伊音(著), SUZ(イラスト)