大阪芸術大学による第四回「ラノベ祭り」が5月13日(日)開催 本年は「文芸フェスタ2018」と題して幅広い作家陣が登壇へ

大阪芸術大学文芸学科による第四回「ラノベ祭り」が2018年5月13日(日)に開催される。本年は「文芸フェスタ2018」と題して、広く文芸界やエンターテイメント界で活躍する同学科ゆかりの作家陣が登壇することになる。これまで三回に渡って行われた「ラノベ祭り」をより深化したものとなる。実施される鼎談では「大学でまなぶ小説作法」と「小説家になる」をテーマに行われるほか、八薙玉造氏による「エンタメ文章教室」や「和本を作ってみよう」といったワークショップも開催する。入場は無料となっているので、興味がある方は足を運んでみるといいだろう。

出典:大阪芸術大学ホームページより

開催日: 2018年5月13日(日)

会場: あべのハルカス24階 大阪芸術大学スカイキャンパス

開場/開演: 12:30/13:00

【登壇イベント】

鼎談I「大学でまなぶ小説作法」/玄月(本学科客員教授)・藤岡陽子・葉山郁夫(本学科教授)

鼎談II「小説家になる」/河野裕・綾崎隼・八薙玉造(本学科非常勤講師)

また、2018年5月20日(日)のオープンキャンパスでは八薙玉造氏による「ライトノベルの書き方入門」と題した模擬授業も予定されているので、あわせて確認してもらいたい。

[関連サイト]

大阪芸術大学ホームページ