『境界線上のホライゾン』のオールナイト上映が決定 サンライズフェスティバル2018光焔第2部にて実施

2011年に放送された電撃文庫発のアニメ『境界線上のホライゾン』のオールナイト上映が決定した。上映はサンライズが映画館とタッグを組んで実施する祭典「サンライズフェスティバル2018光焔」にて実施する。本イベントは第1部が7月に実施、第2部が9月に実施され、『境界線上のホライゾン』の上映は第2部の2018年9月7日(金)が予定されている。詳細な情報は今後の続報を待ちたい。

【イントロダクション】

各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦“武蔵”が航行していく―。遥か遠い未来。“重奏統合争乱”を経て、人類の命運を懸けた“聖譜”をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた!AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く、壮大な物語“GENESIS”シリーズ、遂にスタート。

チケットの価格は4,300円(税込)。2018年6月23日(土)13:00より、チケット販売がスタートする。電撃文庫の人気シリーズのアニメーションをぜひ振り返って観覧してもらいたい。『境界線上のホライゾン』は、電撃文庫より第10巻(下)まで発売中。最新11巻(上)も2018年7月10日発売予定。

©川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

[関連サイト]

『境界線上のホライゾン』公式サイト

電撃文庫公式サイト