冲方丁作品の二次創作による新人賞「第二回冲方塾」の応募がカクヨムにて受付中 小説とコミックの2部門で募集

作家・冲方丁氏の人気シリーズの二次創作による新人賞「第二回冲方塾」の応募が、Web小説サイト「カクヨム」にてスタートしている。同新人賞は小説部門とコミック部門でそれぞれで募集されており、今回で第二回目を迎えている。今回の二次創作対象作品は『シュピーゲル・シリーズ』『マルドゥック・シリーズ』『十二人の死にたい子どもたち』となり、未完作品や対象作品同士のクロスオーバーでも応募が可能となっている。「大賞」受賞者には小説誌への掲載検討などが行われる。

【募集期間】

2018年5月12日(土)~9月30日(日)

【小説部門・二次創作対象作品】

・マルドゥック・スクランブル

・マルドゥック・ヴェロシティ

・マルドゥック・フラグメンツ

・マルドゥック・アノニマス

・オイレンシュピーゲル

・スプライトシュピーゲル

・テスタメントシュピーゲル

・十二人の死にたい子どもたち

⇒ 応募要項はこちら

最終選考対象作品の発表は2018年10月末頃が予定されており、最終選考結果は2018年12月末頃に発表される。我こそはという方はぜひ応募してもらいたい。(コミック部門の詳細はこちら)。

©冲方丁/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:島田フミカネ

[関連サイト]

「第二回冲方塾」特設ページ

Web小説サイト「カクヨム」

【合本版】テスタメントシュピーゲル 全5冊

冲方丁(著), 島田フミカネ(イラスト)

【合本版】スプライトシュピーゲル 全4巻

冲方丁(著), はいむらきよたか(イラスト)