オリジナルインタビュー「ラノベの素」。冬木冬樹先生『無気力勇者と知りたがり魔王』

無気力勇者と知りたがり魔王

著者:冬木冬樹 イラスト:水月悠

2012年1月25日発売

あらすじ

大陸を混沌の渦に陥れた魔王を勇者が退けてから五十年。勇者の孫は周囲に期待されながらも無職をつらぬいていた。しかし世界は戦争の真っただ中。無職でい続けることが許されるはずもなく、ついに就職した先が——『魔王城で魔王教育』。その仕事内容とは、偉そげで平和主義なかわいらしい魔王に『世界は平和だ』と信じ込ませること。「きちんと余と遊ぶのだぞ! 余は退屈が嫌いであるからな、余の勇者であるならばそのぐらいはして当然であるぞ!」次世代勇者の仕事は『魔王と遊ぶこと』!? ただし失敗したら世界滅亡——! 魔王城日常系ファンタジー、開門!

プロフィール

第6回MF文庫Jライトノベル新人賞受賞。

『ふぉっくすている?』『魔法少女☆仮免許』を経て今度は魔王ものとか書いてみたりする。

弱点は流行ものと偉そうな幼女。耳とか尻尾とか生えてるとなおよい。趣味と特技のない人生を送ってきました。本を中心に生活が回っています。

―本日はお忙しいところお時間を作っていただきありがとうございます。よろしくお願いします。

こちらこそ冬木なんぞにインタビューしてくださってありがとうございます。よろしくお願いします。

―「無気力勇者と知りたがり魔王」が今月発売になりましたがどんな作品か教えてください。

『異世界ファンタジー魔王城日常系』です。ファンタジー世界でファンタジーな女の子と楽しく過ごせたらなぁ、という想いを胸に書きました。ゆるゆるしてます。でもファンタジー! そんな本です。

―本作を書かれたきっかけを教えてください。

なるべく人間のヒロインを出したくなかった……という冗談はさておき、ファンタジーものは一度書いてみたかったのと、なんか魔王ものいっぱいあるからいけるんじゃね? という軽い気持ちで書いてみました。

―魔王城日常系ファンタジーとありますが、本作の特徴やセールスポイントなど教えてください。

異世界ファンタジーなのに冒険しない! 日常系なのになじみのない場所! というのが特徴だと思います。あれ、よく考えたらこれってあんまりよくないんじゃないか……?

―主人公やヒロインについて教えてください。

主人公について

勇者の孫です。彼についてはネタバレになる設定がわりとわんさかあるのでこんぐらいです。

ヒロインについて

メインヒロインのアイアリスは魔王です。世界を滅ぼす宿命を負いながら、世界を滅ぼしたくない平和主義。彼女が平和主義ゆえに今回の話は『なにもしない』話になっています。

人狼のレイラはほとんど子犬です。生真面目で警戒心が高くちょっとおバカなのですが、なつくとかまってかまってと寄ってきます。ちょっとおバカなのですが。

竜人のミナギは一番欲望に忠実なキャラです。でも魔王のこと大事なので遠慮とかが見え隠れ。彼女の最終的な望みはアイアリス・勇者・ミナギでの3ぴ(検閲)

ヴィヴィは厳しくも優しい……優しい? 上司です。勇者を選定する湖の精霊。つまりはロボットです。無生物!

―冬木先生が一番お気に入りのキャラクターは誰ですか?その理由も教えてください。

レイラです。彼女に耳と尻尾が生えている理由とかどうでもいいから耳と尻尾が好きです。

―本作を書くのに一番苦労したのはどんなところですか?

主人公に可能な限り特徴を持たせないようにがんばりましたが、力及びませんでした。

―本作の執筆にかかった時間はどれくらいですか?

2~3か月だったような気がしますが、色々並行して書いてるので詳しい時間はわかりません。

―作家になろうと決めたきっかけや、そのきっかけになった作品などはありますか?

ラノベ作家になろうと思ったのは、高校生の時にラノベにふれてすぐです。

―小説を書くのに一番気をつけている(こだわっている)のはどんなことですか?

『自分だけにとってかわいいヒロイン』を出さないように気を付けてます。

―作家を目指している若い人たちにアドバイスなどあれば是非お願いします。

中二病を大切にしてください。今思ってる妄想を書き留めておいてください。たぶんないと後悔するぐらいに強力な武器になります。

―作家としてのこれからの目標を教えてください。

年に24冊出したいです。でも実際に出せるようになったら死んでしまうと思います。

―最後に読者の皆さんに一言お願いします。

拙作を読んでくださっている方々には、本当に色々教えられております。冬木はあんまり情報収集はしないほうなのですが、それでも聞こえてくる色々なものに励まされたり教えられたりしております。内容という形で御恩をお返ししたいのですが、まだ道のりは険しそうです。できたらもう少しだけ冬木に付き合ってやってください。

本日はお忙しい中ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

『かんなぎ家へようこそ! 1~4(完結)』『魔法少女☆仮免許 1~3(完結)』『ふぉっくすている? 1本目~』など出ております。さらに新シリーズが増える可能性も……。よろしくお願いします。

冬木先生ありがとうございました。『無気力勇者と知りたがり魔王』は絶賛発売中です。さらに今後の新シリーズにも期待しよう!