独占インタビュー「ラノベの素」 市村鉄之助先生『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』

独占インタビュー「ラノベの素」。今回は2018年5月25日にダッシュエックス文庫より『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』が発売となった市村鉄之助先生です。本作は歳の差10歳の二人が繰り広げる恋愛ファンタジー作品です。主人公らしい主人公を描こうと考えた理由など、作品の見どころについてお聞きしました。

【あらすじ】

男爵家の長男だが家督が継げないため、冒険者になろうとしていた俺の元に公爵家の令嬢・オリヴィエとの婚約の話が舞い込んだ! けれど、相手は悪い噂の絶えない女性。しかも、婚約の条件に無理難題を吹っかけてくる始末。煩わしい貴族社会とおさらばできると思っていたのに、婚約のせいで権謀術数の渦に巻き込まれるはめに。しかし、オリヴィエと接していく中、家族を守るためにけなげに一人で奮闘する彼女の姿を知る。王国内に数人のみ存在する宮廷魔術師を目指し、高難易度の竜討伐クエストを受け、オリヴィエを狙う暗殺者との死闘も繰り広げる。大切な人を守るために成り上がる、ジャレッドの挑戦の日々が幕を開ける。

――それでは自己紹介からお願いします。

市村鉄之助と申します。出身は東海地方で、某スクールアイドルアニメの聖地が、近い場所にあります(笑)。小説投稿サイト「小説家になろう」にて小説を執筆しておりまして、ビギニングノベルズ様をはじめいくつかのレーベルで本を出版させていただいています。今回、ご縁がありましてダッシュエックス文庫様から本を刊行させていただく運びとなりました。

――好きなものや苦手なものがありましたら教えてください。

母方の祖父が漁師だったこともあって、釣りが好きです。海や川も近くにあって、幼少期から自然に触れることがとにかく好きでした。今でも時間を見つけながら、海辺を散歩したりしています。身体があまり強くないので、頻繁に釣りに出かけられないというジレンマはありますが、釣りをしていなくても海辺で会う人達とお話をしたりするのも楽しいです。苦手なことですが、パソコンを使って小説を執筆している人間が言うことじゃないのかもしれませんが、とにかく機械に弱いんですよね(笑)。小説を書くという行為に至るまで、パソコンなんてほとんど触らない人間でしたので。用事があれば、常にメモ帳にメモをしていました。凄まじい勢いで移りゆく現代機器についていけないことが目下の悩みです(笑)。

――機械が苦手ながらもパソコンを使って小説を書きはじめたわけですよね。小説を書こうと考えたきっかけはなんだったのでしょうか。

小説そのものは、大好きでいろいろと読んでいました。自分で書こうと考えたきっかけは、ある日読んでいた小説の結末がまさかのどんでん返しで、「さすがにこれはない!」と感じたことだったと思います。それなら納得できるものを自分で書いてみようと。特に誰かに見せるためのものではありませんでしたし、小説というよりプロットに近かったのかもしれません。ただ、そういったことを繰り返すうちに、本格的に書いてみようかなと思うようになりました。

――WEBで小説の投稿を始めたのはいつからだったのですか。

2011年くらいだったと思います。だいたい7年くらいになりますが執筆したり、しなかったりという期間もあったので(笑)。インターネットで小説の書き方を勉強していたのですが、ネットに掲載していた小説が本になったという方の情報が目に留まったことで、WEBと小説が自分の中で繋がるようになりました。その方はご自身のホームページで連載されていた方だったんですが、ホームページで小説を公開すればアマチュアであっても読んでもらえるんだ、と衝撃を受けた記憶があります。そうして「小説家になろう」のような投稿する場所があることも知り、書き手になりました。最初はなかなかうまくいかなかったりもしましたが、評価や感想をもらう側になってみて、感じることはとても多かったです。

――それではあらためて『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』がどんな物語なのか教えてください。

本作は主人公であるジャレッドが、10歳も年上で立場も上の公爵令嬢との婚約話が持ち上がるところから物語は始まります。相手のオリヴィエは悪い噂が飛び交い、行き遅れを指摘される女性です。ジャレッドに対しても婚約をするにあたっての無理難題を投げかけることになるのですが、これが二人の意思とは別の場所で、まったく予想しえない形で実ることになろうとは……というお話ですね(笑)。

――年の差を題材のひとつにしている本作ですが、着想について教えてください。

端的に申し上げると女性でも読める作品を書いてみたいと考えたことがきっかけでした。これは女性向けという意味ではなく、男性にも読んでもらえることが前提です。どちらからも手に取ってもらえる作品になればいいなと。具体的な発想のきっかけになったのは少女漫画でしたね。具体的にどの作品、というものはないのですが、年の差カップルは男女両方に受け入れてもらえるんじゃないかと考えました。

――それでは主人公・ジャレッドとヒロイン・オリヴィエについて、どんなキャラクターなのか教えてください。

ジャレッドは男爵位を持つ貴族の家系なのですが、とある理由から家督を継げないことが決まっています。ただ、本人は別段気にしているわけではなく、結果として貴族らしくないまま成長することになります。考え方も平民寄りに近く、貴族からは少々疎まれている存在でもあります。ですが本人は腐ることなく、母親譲りの魔術の才にも恵まれ、度量もあって懐も深い、主人公らしい主人公を目指しました。

オリヴィエは26歳になる公爵家の令嬢です。世間の評価は行き遅れというだけでなく、悪評も絶えない存在として描かれています。さらにわがままで傲慢というオマケ付き。とてもじゃないですけど、将来のお嫁さんにするには躊躇してしまうようなキャラクターでもあります。その一方で、彼女はどうしてそんな言動をするのか、悪評はなぜ広まることになったのか。そういった背景が見えてくると、とても親しみやすいキャラクターとして見てもらえるんじゃないかなと思っています。冒頭と終盤で大きく印象の変化するヒロインですので、ご期待いただければと。

※始まりと終わりで印象が大きく変化するという年上のヒロイン・オリヴィエ

――婚約にあたって、オリヴィエがジャレッドに無理難題を突き付けるシーンは竹取物語を彷彿とさせますよね。

おっしゃられるように、実は少し参考にしています(笑)。これはオリヴィエのためというよりも、無理難題を超えてくる格好いい主人公像を描きたかったことがあります。ただ、結果として乗り越え方が格好良かったかどうかは置いておきますけど(笑)。

――お気に入りのシーンやイラストがあれば教えてください。

夕薙先生のイラストも相まって、先ほどの話題でもあった無理難題をオリヴィエから突き付けられるシーンがとても印象に残っています。このシーンは私個人としてもイラストにしていただきたかったシーンで、夕薙先生に描いていただいたイラストは脳内で思い描いた絵そのままだったので、本当にお気に入りのシーンになりました。

※無理難題を突き付けるオリヴィエと苦笑するジャレッド

――本作の魅力やこんな方が読んだらより面白いと感じてもらえる点があれば教えてください。

本作最大の魅力は主人公とヒロインの年の差が10歳という点です。そして魔術あり、バトルあり、学生生活ありと様々な要素を詰め込んだ作品でもあるので、恋愛だけを読みたいという方よりも、様々な要素を読みたいと思われる方に楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。そしてジャレッドが持つ、一人の女性をきちんと受け止められる度量にも注目してもらいたいですね。ひとつ物語として綺麗なところまで描いておりますので、ライトノベルを好む男性だけでなく女性にも読んでもらいたいです。

――今後の目標や野望があれば教えてください。

まずは本作のシリーズ化が目標です。さらにメディア化もできたらいいですよね。コミックで描かれるオリヴィエも見てみたいです。誰か描いてください、お願いします(笑)。私個人としては、この作品にとどまらず、次の作品もどんどん出して行きたいです。プロとしての自分のレベルを上げていきながら、より面白い作品を執筆して、みなさんと作品を盛り上げていけたらと思います。

――最後に本作に興味を持たれた方へ一言お願いします。

男性の方には「年上のお姉さんは好きですか?」と。女性の方には「年下の男の子は好きですか?」と。好きだという方はきっと同志になれると思います。年の差は大きな魅力です。一回り近く世代も異なる二人の主人公とヒロインが、強い絆で結ばれていく姿をぜひ読んでみてください。ファンレターなどもお待ちしております!

――本日はありがとうございました。

<了>

年上の公爵令嬢と、貴族に未練を持たない年下の少年の「婚約」ストーリーを綴る市村鉄之助先生のお話をうかがいました。最初と最後でヒロインの見方が大きく変わるという本作。年の差10歳の二人の恋模様にはどんなドラマが待っているのか注目です。『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』は必読です!

『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』発売記念プレゼント企画!

市村鉄之助先生のサイン入りサイン本を抽選で3名の方にプレゼントいたします。

応募方法はとても簡単。応募対象期間となる2018年5月25日(金)~5月28日(月)の期間中にTwitterで本インタビュー記事をリツイート、またはつぶやくだけ。応募者の中から抽選で3名様に「ラノベニュースオンラインのツイッターアカウント(@lnnews)」よりDMにてご連絡させていただきます。応募を希望される方は、ラノベニュースオンラインのツイッターアカウントのフォローをお願いします

※当選発表は当選連絡のDMにて代えさせて頂きます。

※当選者の方へはプレゼント郵送先の住所や氏名等の情報をお伺いいたします。

※プレゼントの発送は国内在住の方とさせていただきます。

※プレゼントの発送はダッシュエックス文庫編集部様より実施するため、頂戴した情報はダッシュエックス文庫編集部様へ共有させていただきます。

©市村鉄之助/集英社 イラスト:夕薙

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト