「WEBコミックガンマぷらす」が正式オープン ラノベ原作『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』など3作品がスタート

ライトノベルを原作としたコミカライズ連載も行われるWEBコミックマガジン「WEBコミックガンマぷらす」が、2018年5月25日より正式オープンした。新連載も続々とスタートしており、このたび新たなラインナップとして、マッグガーデン・ノベルズ刊『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』、同じく『異世界に転生したら全裸にされた』、TOブックス刊『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』の3作品がスタート。今後も同サイトではライトノベルを原作としたコミカライズ作品の連載が複数予定されている。

【あらすじ】

「美味いもの、たくさんあるといいなぁ」 未知の味を求め、仮想現実世界で冒険開始! 仮想現実世界『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』で目指すは食材の食べ歩き! だったはずなのだが……。

⇒ コミカライズ版『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』はこちら

マッグガーデン・ノベルズ発となるコミカライズ版『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』の作画は吉祥寺笑氏が担当しており、原作小説は第2巻まで発売。またコミカライズ版『異世界に転生したら全裸にされた』の作画はあしもと☆よいか氏が担当しており、こちらは原作小説第1巻が発売されている。

⇒ コミカライズ版『異世界に転生したら全裸にされた』はこちら

【あらすじ】

気が付けばいつの間にか異世界に転生していた32歳独身・フリーターの吉田修太(シューター)。目覚めるとシューターは何故か全裸。さらにロープで束縛されており、目の前には美女の村長というちょっとドMな状況。「何でもやります」と言って何とか解放されたはいいものの、奴隷のような仕事を強いられる始末。羞恥心ゼロのちょっとアホな主人公が、数々のバイト経験から身に着けたスキルを駆使し、全裸でありながらもモンスターに立ち向かう物語、開幕!

そしてTOブックス発のコミカライズ版『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』の作画は幾夜大黒堂氏が担当しており、原作小説第1巻が発売中となっている。

【あらすじ】

10年来の引きこもりの藤堂晴彦(32歳)は運動不足と過食が祟って、現在の体重は126kg。そんな彼がある日突然異世界に勇者として召喚されてしまう。だが、ステータスは一般人以下で、失望した異世界の軍人から豚野郎と罵られる始末。その結果、晴彦は日本に強制送還されてしまうが、何とそこに異世界のお姫様もうっかり巻き込まれていた!彼女を元の世界に帰すには、晴彦が理想体重の58kgまでやせて、異世界への門を解放しなければいけない。というわけで、2人の壮大なるダイエット計画が幕を開けるのだった!――結果にコミットするダイエットファンタジー!

⇒ コミカライズ版『異世界召喚されたが強制送還された俺は仕方なくやせることにした。』はこちら

いずれの作品もコミカライズ版の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでもらいたい。

©翠玉鼬/マッグガーデン イラスト:又市マタロー

©狐谷まどか/マッグガーデン イラスト:風の子

©しぐれあめ/TOブックス イラスト:KACHIN

[関連サイト]

マッグガーデン・ノベルズ公式サイト

TOブックス公式サイト

ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン

翠玉鼬(著), 又市マタロー(イラスト)