『なんちゃってシンデレラ』がシリーズ累計20万部を突破 アラサー女子が幼妻になる異世界転生ストーリー

現在、第6巻まで発売されているビーズログ文庫刊『なんちゃってシンデレラシリーズ』がシリーズ累計20万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、パティシエだった主人公が12歳の幼妻に転生し、夫である年の差王太子の胃袋をつかんで動き出すシンデレラストーリーを描く。2017年6月には原作イラストレーターの武村ゆみこ氏による王宮陰謀編のコミカライズ連載もスタート。小説とコミックの双方で大きな注目を集めている。

【第1巻あらすじ】

おでんのからしを買いに出た和泉麻耶(33歳職業パティシエ)は、そこで事故に遭い–次に目覚めたとき、12歳のお姫様に転生していた!! しかも彼女には、年上の旦那(しかも王太子)までいる。命を狙われたところに転生したらしいと悟った麻耶は、身を守るためにも夫と仲良くしようと決めるが!? お菓子職人の名に懸けて、夫を餌付けしながら胃袋と犯人つかみます!!

小説第2巻発売時には、発売前重版も行われるなど話題を呼んでいた本作。この機会にぜひ読んでみてもらいたい。『なんちゃってシンデレラ シリーズ』は、ビーズログ文庫より第6巻まで発売中。

©汐邑雛/KADOKAWA刊 イラスト:武村ゆみこ

[関連サイト]

『なんちゃってシンデレラ』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト