『未来のミライ』『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』『サマーウォーズ』など細田守監督作品の小説が初の電子書籍化へ

2018年7月20日に公開される映画『未来のミライ』の公開を記念して、細田守監督自身が手がけた原作小説『未来のミライ』、『バケモノの子』、『おおかみこどもの雨と雪』、ノベライズ小説『サマーウォーズ』の4作品13冊が初となる電子書籍として2018年6月15日(金)より配信開始となる。各タイトルの角川文庫版、スニーカー文庫版、角川つばさ文庫版が対象となる。

【電子書籍化タイトル】

『未来のミライ』/著:細田守(角川文庫版、スニーカー文庫版、角川つばさ文庫版)

『バケモノの子』/著:細田守(角川文庫版、スニーカー文庫版、角川つばさ文庫版)

『おおかみこどもの雨と雪』/著:細田守(角川文庫版、スニーカー文庫版、角川つばさ文庫版)

『サマーウォーズ』/著:岩井恭平(角川文庫版、スニーカー文庫版)

『サマーウォーズ』/著:蒔田陽平(角川つばさ文庫版)

『サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ』/著:土屋つかさ(スニーカー文庫版)

また、電子書籍オリジナル作品として『細田守監督作品 原作小説合本 2006-2018』が2018年7月13日(金)に配信されることも決定している。細田守監督の長編アニメーション作品『時をかける少女』(2006年公開)から最新作『未来のミライ』(2018年公開)まで5作品の原作&ノベライズが一挙に読める合本となる。細田守監督自身が手がけた原作小説『未来のミライ』『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』に加え、筒井康隆氏の「時をかける少女」も収録。さらに「バケモノの子」Blu-rayスペシャル・エディションに同梱された短編小説「バケモノの晩ごはん」を合本特典として収録する。

©2018スタジオ地図

[関連サイト]

『未来のミライ』公式サイト

角川文庫公式サイト

スニーカー文庫公式サイト

角川つばさ文庫公式サイト