サーガフォレスト2018年6月刊行のラインナップをご紹介。『異世界でも無難に生きたい症候群』『レジェンド・オブ・イシュリーン6』など2冊

2018年6月15日に発売されるサーガフォレスト6月刊行のラインナップ2冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

異世界でも無難に生きたい症候群

©Antai/HIFUMI SHOBO イラスト:ひたきゆう

第六回ネット小説大賞期間中受賞作!

【あらすじ】

『はい、そんなわけで異世界に来ました』――――。男は気がつくと見たこともない植物や生物が溢れる山の中に一人立っていた。そして、巨大スライムや山賊との遭遇を回避しやっとのことで山を下りると、辿り着いた城で不審人物として捕まってしまう。投獄された先で出会った女性騎士イリアスによる尋問の中、抜けて来た山の中で見た山賊の話をすると、山賊捜索に行き詰まっていたイリアスに急遽山賊討伐にかり出されてしまうのだった。願いは、勇者になりたいでも、ハーレムを築きたいでもなく〝ただ無難に生きたい〟──そんな男が『理解』を武器に異世界を生き抜く物語!

玄関には体育座りでこちらを睨んでいるイリアスがいた。そうだった。ここイリアスの家だった!

心の奥底で蓋をして、抑制していた行き場の無い怒りや悲しみが溢れ出す。少しでもこの少女の代わりに涙を流してやりたい。

レジェンド・オブ・イシュリーン6

©Kikonraku/HIFUMI SHOBO イラスト:匈歌ハトリ

至高の英雄譚、堂々完結!

【あらすじ】

東部都市国家連合を制圧したグラミア王国。オルビアンを落としたグラミアの勢力に危機感を覚えたシュケルは、帝国内の不協和音を排除し国を一つにするべくエリザの妹スジャンナを偽りの聖女として擁立する。そして聖女となったスジャンナは、民を、そして国を鼓舞し聖戦の開幕を高らかに宣言したのだった。その頃、グラミアの一部の諸侯の間では、連戦への不満からナルへの不信の声が高まり始めていた…。グラミアと帝国、決戦の行方は……そして、ナルとイシュリーンの未来は!? 伝説の戦記、ついに完結!!

「攻められるなんて、考えもしなかっただろ」 ナルの声は冷静で、向けられたスーザ人達は悲劇の真っ最中であった。

アブリルは、片膝をついた状態でハインリヒを見る。聖皇騎士団総長はうつ伏せのまま、小刻みに震えていた。

紹介ラインナップは2018年6月15日発売です。

[関連サイト]

サーガフォレスト公式サイト