小説家・森田季節氏×城郭研究家・西股総生氏によるトーク&サイン会イベントが7月6日(金)に開催決定

GAノベル刊『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』などを手掛ける森田季節氏と、城郭研究家・西股総生氏による「城と小説をめぐるつれづれトーク&サイン会」イベントが、2018年7月6日(金)に開催されることが決定した。イベントでは森田季節氏と西股総生氏の二人が、城歩きはどう楽しいか、小説(ライトノベル)に城歩きはどう活かせるか、またライトノベルやサブカルチャーを城の研究にどう関係させられるか、などについてお話する。神社仏閣を巡るブログでも定評のある森田季節氏が、城と小説をテーマにトークを繰り広げる。

開催日: 2018年7月6日(金)

会場: 書泉グランデ7階

開場/開演: 18:45/19:00

出演: 森田季節、西股総生

定員: 60名

⇒ トーク&サイン会の詳細はこちら

イベントの定員は60名となっており、書泉グランデ4階で販売している森田季節氏、西股総生氏の著書、またはTEAMナワバリングのグッズ・同人誌を600円以上(税込)購入された方にイベント参加券を配付するほか、電話・メールによる予約受付も可能となっている。定員に達し次第参加券の配付は終了となるので、参加を希望される方は早めに参加券を入手してもらいたい。

©森田季節/SBクリエイティブ イラスト:紅緒

[関連サイト]

書泉ホームページ