『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった』のコミカライズ企画が進行中

2018年6月20日に第4巻が発売されたファンタジア文庫刊『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった』のコミカライズ企画が進行中となっている。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、規格外の力を持った奇跡の五人の一人として魔王を討伐した主人公が、討伐したはずの押しかけ魔王を従えて経営するギルドのご依頼解決ファンタジーを描く。定期的な重版も繰り返されている人気シリーズが漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

SSSランクの規格外の力をもった奇跡の五人の一人、ディック・シルバーは魔王討伐後、ギルドマスターになった。「この卑しい雌犬に、どうか厳しいお躾をいただければ…っ」 隙あらば籠絡しようとメイドとして転がり込んできた討伐したはずの魔王を従え、ディックが経営するギルド『銀の水瓶亭』。ここには他のギルドでは相談できない依頼を抱えた王女など特殊なお客や、ディックに密かな想いを寄せるかつての仲間たちが訪れる。自分が目立たないように依頼を解決していくディックだが、なぜか依頼者の女性たちから次々気に入られてしまい!?強すぎる元英雄のギルド依頼解決ファンタジー!

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載開始時期などの詳細は今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ原作小説を読んでみよう。『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった』は、ファンタジア文庫より第4巻まで発売中。

©朱月十話/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:鳴瀬ひろふみ

[関連サイト]

『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった』特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト