【日刊試読タイム】『キマジメ大魔王の清く正しい学園生活』(ダッシュエックス文庫)

湿度が一向に下がりませんね。

さて、今回はダッシュエックス文庫が2018年6月22日に発売する『キマジメ大魔王の清く正しい学園生活』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

魔王とは世界を滅ぼす者では?「それは偏見ですよ」 きっちり七三に分けられた髪にきらりと光る眼鏡。悠真の好きな言葉は『誠心誠意』、座右の銘は『一日一善』。世界を滅ぼすはずの魔王は学園の誰よりもマジメなやつだった!? 逆に、同じクラスの女勇者リザはとっても血気盛ん。悠真に決闘を挑んで返り討ちに遭い、周囲を顧みない言動にクラスから浮いたあげく、悠真から一緒に修行しようと同情されてしまう。反発する心とは裏腹に、悠真の男気と優しさに触れたリザは、少しずつ心を開いていくが、そっち方面は完全無知な悠真であった…。平和を愛するカタブツ大魔王のけっこうズレた学園生活奮闘記!

著者は佐藤了先生。イラストはU35先生。佐藤了先生は第6回えんため大賞にて「東放学園特別賞」を『私のKnightになってよネ!』で受賞し、デビューされた作家です。本作は学園生活を楽しみたい真面目な魔王と、奇しくも一緒に転校してきた勇者たちが送るドタバタ学園生活記のようですね。試し読みでは約103ページが公開されています。挿絵も4枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

「さっきから正論ばかり述べて、あなた本当に魔王なの!?」

主人公は強大な魔力を扱うことができ、いわゆる「魔王」と呼ばれる十五歳、新堂悠真。世界が空想やファンタジー世界に迷い込んだかのような大転換を迎えて十五年。変貌の原因は悠真の誕生にあるとされ、世界を滅亡へと誘う危険な存在「魔王」と言われることになるのです。とはいえ、人の子として生まれ、人の世界で成長してきた心は普通の人間と変わらず、研究所での監禁生活を強いられながらも平穏を好む少年として育ったのです。「魔王」という肩書を持ちながらも、学校へ行きたいという淡い希望を抱く少年だったのです。

時を同じく、十五歳にして初めて学校に通うことになったリザ・ランフォード。彼女は「勇者」と呼ばれる称号を持ち、厳しい修行に明け暮れた山奥から人里に下り、学園生活をスタートさせることになります。なぜ今さら学園に通わなくてはならないのか。いったいどんな思惑があるのか。疑念が晴れることのないまま、リザは魔王であるという悠真と共に転校生として入学することになります。魔王討つべしと主張するリザと、偏見を押し付けないで欲しいと正論を述べる悠真の学園生活が始まるのです。

悠真は真面目に授業を受けることで、少しずつクラスメイトと距離を縮めることに成功していきます。憧れの学園生活を順調に掴みつつある悠真を見て、面白くない人物がここに一人。勉強も一切できず、クラスメイトも近寄ってこないリザは、己の心と立場を守るために悠真に戦いを挑むも教室を大破。挙句クラスメイトを危険に晒してしまいます。「魔王を倒すためには多少の犠牲もやむを得ないとでもいうのか」とクラスメイトに正義を説かれてしまう勇者リザ。入学初日、彼女のクラスでの立場は一気に悪化してしまうのです。

試し読みでは悠真が孤立しそうになるリザに手を差し伸べ、友達になるところまでが公開されています。真面目なのに常識からややズレた魔王の少年と、魔王に反発しつつも友達に憧れる勇者の女の子の学園生活奮闘記に注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©RYO SATOU 2018/集英社 イラスト:U35

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト