ブレイブ文庫2018年6月刊行のラインナップをご紹介。『Walhalla-e戦場の戦争芸術-』の1冊

2018年6月28日に発売されるブレイブ文庫6月刊行のラインナップ1冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

Walhalla《ワルハラ》-e戦場の戦争芸術《アートオブウォー》-

©Takumi Yanai/HIFUMI SHOBO イラスト:ヨシモト

舞台はVRMMO【Walhalla《ワルハラ》】

電脳自衛隊の活躍を描く戦術ファンタジー

【あらすじ】

全感覚没入体験型作戦級戦術シミュレーションゲーム【Walhalla《ワルハラ》】。そこは様々な種族が武器を手に取り戦う電子の戦場。まるで本当に生きているかのようなNPCや生き物が存在するリアルな感覚に誰もが夢中になる世界。ヒルドルクランに所属する谷田契斗はブリュンヒルト・クラン戦で自軍が完全なる敗北を喫す中、唯一人敵陣帷幄を急襲し戦功を上げる。これまでも咄嗟の機転により同様の戦果を上げてきた契人だったが、時にスタンドプレーとも思えるその行動はクランマスターであるガンツェルの反感も買ってしまい、以降のクラン戦で自身の部隊を酷使されてしまう。そんな中、契斗の前に電脳自衛隊が現れる。電脳自衛隊とは? そして、彼らが語る衝撃の事実とは──日本の未来をかけた電脳自衛隊と人工知能の戦いが始まる!

「失礼なことを言わないで欲しいわね。あたしがそのように動いたのは、クランマスターの命令に従ったからに過ぎないわ」

「八咫烏様、エミーネのマフラーなんか捨てちゃって下さい! 代わりにわたくしのものを使って下さい」

紹介ラインナップは2018年6月28日発売です。

[関連サイト]

ブレイブ文庫公式サイト