『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』のコミカライズ連載がコンプエース8月号より開始

現在、第2巻まで発売されているビーンズ文庫刊『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』のコミカライズ連載が、2018年6月26日発売の「コンプエース8月号」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生した主人公が、前世の記憶を取り戻し破滅を回避するべく魔王の愛を得るため奔走する一発逆転ストーリーを描く。コミカライズの作画は柚アンコ氏が担当しており、第1話が巻頭カラーを飾った。恋愛的にラスボスの魔王を攻略する破滅回避の物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

婚約破棄され前世の記憶が甦り、乙女ゲーム世界へ転生したと自覚した令嬢アイリーン。でも前世の記憶は不完全で、破滅フラグが立ったのに、回避方法がわからない。確実なのは、全ての破滅フラグの起点が、ラスボスの魔王クロードだということ。「ではクロード様をわたくしのものにすれば死なないわよね?」 かくして魔王の愛を得るために、求婚したり、魔物を助けたり、起業したり…悪役令嬢が狙う、一発逆転ハッピーエンド!?

いよいよコミカライズの連載がスタートした『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』は、ビーンズ文庫より第2巻まで発売中。

©永瀬さらさ/KADOKAWA刊 イラスト:紫真依

[関連サイト]

ビーンズ文庫公式サイト

コンプエース 2018年8月号

コンプエース編集部(編者)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

永瀬さらさ(著), 紫真依(イラスト)