『ブギーポップは笑わないVSイマジネーター』のコミカライズ連載が本日発売の電撃大王8月号より開始

2018年TVアニメ化が発表されている電撃文庫刊『ブギーポップは笑わない』シリーズより、『ブギーポップは笑わないVSイマジネーター』のコミカライズ連載が、2018年6月27日発売の「電撃大王8月号」よりスタートした。本作は世界の危機に呼応する存在・ブギーポップと、世界の敵・イマジネーターとの戦いに翻弄される人々を巡った物語を描く。コミカライズの作画は越水ナオキ氏が担当しており、第1話がセンターカラーを飾った。シリーズ屈指の人気エピソードがコミックでもスタートした。また、連載開始を記念して紙の雑誌には『ブギーポップは笑わないVSイマジネーター』のクリアファイルも付属する。

▲『ブギーポップは笑わないVSイマジネーター』告知カット

【原作小説第2巻あらすじ】

あなたは自分の心の中に、何かが足りないと思ったことはない? 他の人にはあるのに、自分にはそれがないと悩んだことはない? 欠けているものを誰かに埋めてもらいたいと願ったことはない? そのことなら、もう心配はいらないわ。すぐに“そのとき”が来る。新しい可能性がひらかれて、苦しみのすべては終わるときが来る。私の敵〈ブギーポップ〉が邪魔さえしなければ――。私? そうね、敵は私を〈イマジネーター〉と呼ぶわ・・・・・・。イマジネーターの手から君は逃れられるか・・・・・・?

いよいよコミカライズの連載がスタートした『ブギーポップは笑わないVSイマジネーター』。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『ブギーポップは笑わない』シリーズのコミカライズは、今年4月に「電撃G’sコミック」にて『夜明けのブギーポップ』の連載も一足早くスタートしており、2018年TVアニメ化を控え、続々とメディアミックス企画が動き出している。シリーズ最新刊『ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学』も電撃文庫より発売中。

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト

電撃大王 2018年8月号

電撃大王編集部(編)

ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart1

上遠野浩平(著), 緒方剛志(イラスト)