『巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート』がシリーズ累計20万部を突破

2018年6月25日にシリーズ5冊目が発売された宝島社単行本『巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート』がシリーズ累計20万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、友人4人の勇者召喚に巻き込まれた5人目の高校生が、勇者でもないのにチートとハーレムを手に入れて”俺TUEEEE”する爽快王道ファンタジーを描く。2017年6月には上月まんまる氏によるコミカライズ連載もスタートしており、小説とコミックの双方で大きな注目を集めているシリーズとなる。

【あらすじ】

四人の勇者に巻き込まれて異世界転移した高校生・小鳥遊強斎。ついに、世界を救う勇者であり親友である勇志と再会したが、勇志は、謎の力に人格を取り込まれていた! 勇志を助ける方法を求めて神々が住む「天界」へと向かった強斎。そこで出会った神の一人であるアマテラス曰く、「私の両親であるイザナギとイザナミに会ってくれたら、勇志を助ける方法とこの世界の謎に近づける」。しかしイザナギとイザナミは、想像以上の強敵で!? 奴隷たちの新しい力も解放され、ついに「神殺し」へ――――!

本作は第3回なろうコン大賞(現:ネット小説大賞)にて「大賞」を受賞した作品でもある。この機会にぜひ読んでみてもらいたい。『巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート』は、宝島社単行本よりシリーズ5巻まで発売中。

©海東方舟/宝島社 イラスト:かぼちゃ

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト