『棺の魔王(コフィン・ディファイラー)』第1巻の期間限定全文無料公開がコミカワにてスタート

現在、第4巻まで発売されているヒーロー文庫刊『棺の魔王(コフィン・ディファイラー)』第1巻の期間限定全文公開が「コミカワ」にてスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、帝国の侵略により敗戦国となったコフィン王国を舞台に、コフィンの魔王が出現して動き出す本格ダークファンタジーを描く。本作の著者である真島文吉氏の新シリーズ『魔王の処刑人』の発売を記念するもので、2018年7月3日(火)までの5日間で連載を行い、第1巻の内容を期間限定で無料公開する。

【あらすじ】

灰色の雲と大草原に彩られた王国コフィン。棺(ひつぎ)の名のついたかの地には天を舞う青い竜が棲み、その魔力で雲を呼び、太陽を隠していた。生涯を青空を知らずに過ごす人々は、しかしそれを不幸なこととは考えず、涼しい気候と優しい風、自分達を見守る竜を愛し、崇拝していた。そんなコフィンに、ある日『神』と呼ばれる赤い竜をともなった軍勢が侵攻して来る。侵攻国の名は帝国スノーバ。再生を意味する国名を掲げた彼らはコフィン人達を野蛮人と呼び、一切容赦しなかった。コフィンの最後の王族、王女ルキナは国を守るための戦後交渉に挑む。スノーバ軍の頂点に立つ若き将軍が武装解除したコフィンに対して下した選択は―。

⇒ 『棺の魔王』第1巻の全文公開連載はこちら

無料公開は2018年7月16日(月・祝)まで。本作はラノベニュースオンラインアワードにて、第1巻と第2巻がそれぞれ「新作総合部門」で選出されているほか、以降もノミネートこそ逃しているものの、大きな評価を得続けている作品となる。無料で公開されるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『棺の魔王(コフィン・ディファイラー)』は、ヒーロー文庫より第4巻まで発売中。同氏の最新シリーズ『魔王の処刑人』も発売中。

©真島文吉/主婦の友社 イラスト : とよた瑣織

[関連サイト]

『魔王の処刑人』特設サイト

ヒーロー文庫公式サイト