『異世界のんびり農家』がシリーズ累計25万部を突破 自由気ままな農業生活から始まるスローライフストーリー

2018年7月5日に第3巻が発売となったエンターブレイン単行本『異世界のんびり農家』がシリーズ累計25万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、闘病の末に命を落とした青年が神様によって蘇生され、異世界で自由きままな農業生活をスタートさせる物語を描く。著者の内藤騎之介氏はPCゲームのシナリオライターとしても知られ、「小説家になろう」投稿時には話題となっていた。コミカライズの連載も昨年の第1巻発売とほぼ同時にスタートしており、小説とコミックの双方で大きな注目を集め続けている。

【第3巻あらすじ】

異色な村民、続々増加!「村の発展に尽力したい!」 新しい村の発展のため、『万能農具』で畑を拡張、さらに村の整備も整えていく。そこへ、突然やって来た天使族の長の娘が、村長・火楽(ヒラク)に試練を課すも……!? 火楽(ヒラク)の子どもが新たに誕生し、『大樹の村』はさらに活気あふれていく!! シリーズ累計25万部突破!!!! 農業で異世界を切り拓く、スローライフ・ファンタジー第三弾!!!!

本作は声優の梅原裕一郎さんがナレーションを務めるTVCM映像も製作・放映されている。コミックス第2巻も原作小説第3巻と同時発売となっているので、この機会にぜひ原作小説とあわせて読んでもらいたい。『異世界のんびり農家』は、エンターブレイン単行本より第3巻まで発売中。

©内藤騎之介/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:やすも

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

異世界のんびり農家 03

内藤騎之介(著), やすも(イラスト)

異世界のんびり農家 01

内藤騎之介(著), やすも(イラスト)