慎一やミュセルたちのその後を描く『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 外伝!』が2018年8月2日に発売へ

全18巻で発売されている講談社ラノベ文庫刊『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』より、慎一やミュセルをはじめ、日本とはもう繋がっていない神聖エルダント帝国に残った〈アミュテック〉のメンバーのその後を描く『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 外伝!』の発売が決定した。最終巻の発売からちょうど1年。ミュセルと結ばれた慎一に突如舞い込むペトラルカとの婚約話や、光流とエルビアの物語、ガリウスの結婚問題に動く美埜里など、慎一たちの物語はまだまだ終わらない。

【あらすじ】

神聖エルダント帝国と日本はもうつながっていない。今回は残った〈アミュテック〉のメンバー達のその後の物語。まずはミュセルと結ばれた慎一だが、一転、ペトラルカとも婚姻する事に!? なんたって絶対君主で皇帝だから、日本の法律なんて関係ない。式を控えて城に監禁された慎一に、さらに魔の手が迫に……。また、光流とエルビアのその後?美埜里には、ガリウスの結婚問題というミッションが。それぞれ、いかなる運命が!?

アフターストーリーが描かれるファンにとっては見逃せない1冊になることは間違いない本作。まだ最終巻まで読めていないという方は、外伝発売前までにぜひ読んでおきたいところだ。『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』は、講談社ラノベ文庫より全18巻で発売中。最新刊『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 外伝!』も2018年8月2日発売。

©榊一郎/講談社 イラスト:ゆーげん

[関連サイト]

『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』原作特設サイト

講談社ラノベ文庫公式サイト