『精霊幻想記』のドラマCD化が決定 トリオ投票の描き下ろしイラスト&書き下ろしショートストーリーもお披露目

現在、第10巻まで発売されているHJ文庫刊『精霊幻想記』のドラマCD化が決定した。本作は事故に巻き込まれ異世界の孤児に転生した青年が、二つの記憶と人格を有し、出会う人々、そして複雑に絡み合う前世と現世の関係に葛藤をしながらも前へと進む異世界ファンタジーが描かれる。ラノベニュースオンラインアワード2018年4月刊のアンケート結果でも最新10巻が「総合部門」と「感動した部門」で選出されるなど、熱い視線が注がれている人気シリーズだ。ドラマCDのキャストをはじめとした詳細は今後の続報を楽しみに待ちたい。なお、ドラマCDは今後発売予定の第12巻特装版に付属する。

【第1巻あらすじ】

スラム街で生きる孤児の少年リオ。彼は七歳の時に突然、自分がかつて日本の大学生【天川春人】であったことを思い出し、剣と魔法の異世界に転生していたのだと気づく。動揺する中、リオは記憶と同時に認識した自身の強大な魔力を行使し、少女誘拐事件の解決に貢献。その功績が評価され、彼は貴族の子どもが集う名門学院に特例で入学することに!? 「小説家になろう」発の大人気異世界転生ファンタジー、ここに開幕!

また、ドラマCD化の発表にあわせて、原作小説第9巻の発売時に開催された描き下ろしイラストが見たいキャラクター3名を選ぶトリオ投票の結果も発表。Riv氏によるイラストが「HJ文庫ブログ」で公開されたほか、イラストをイメージした北山結莉氏の書き下ろしショートストーリー「美春とセリアとアイシアのお泊り会」も公開された。昨年のコミカライズのリブートに続き、新たなメディアミックスが動き出したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『精霊幻想記』は、HJ文庫より第10巻まで発売中。最新11巻も2018年9月1日発売予定。

⇒ 書き下ろしショートストーリー「美春とセリアとアイシアのお泊り会」はこちら

©北山結莉/ホビージャパン イラスト:Riv

[関連サイト]

『精霊幻想記』特設ページ

HJ文庫公式サイト

精霊幻想記 10.輪廻の勿忘草

北山結莉(著), Riv(イラスト)

精霊幻想記 1.偽りの王国

北山結莉(著), Riv(イラスト)