『無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが』のコミカライズが早くも決定 努力でチートを凌駕する最強ヒーロー譚

2018年7月14日に第1巻が発売されたアース・スターノベル刊『無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが』のコミカライズが早くも決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、職業とスキルの有無が人生を左右する世界で、上級職の両親に期待されながら「無職」の祝福を受けてしまった少年が、努力でチートを凌駕する最強のヒーローストーリーを描く。コミカライズの作画は名苗秋緒氏が担当することも決定しており、連載は「コミック アース・スター」にて行われる。

【あらすじ】

10歳で授けられる「職業」とスキルの有無が人生を左右する世界。魔導王の父と剣姫の母をもつ少年アレルは、あろうことか「無職」となってしまう。しかし彼は「才能がないなら努力すればいいじゃない」とばかりに、努力に努力を重ね、驚異的な剣の技能を身に付けていく。やがて15歳になったアレルは、剣の頂点に立つべく剣の都市ブレスギアへ向かうが・・・・・・ストイックさと筋トレでチートを圧倒する新感覚!『小説家になろう』でも人気急上昇中の話題作がついに登場!!

※コミカライズデザイン

コミカライズの連載は、今秋のスタートが予定されている。第1巻の発売と同時にコミカライズが決定した本作をぜひ読んでもらいたい。『無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが』は、アース・スターノベルより第1巻が発売中。

©九頭七尾/アース・スターエンタテイメント刊 イラスト:上田夢人

[関連サイト]

『無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが』特集ページ

アース・スターノベル公式サイト

無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが

九頭七尾(著), 上田夢人(イラスト)