【日刊試読タイム】『生意気なお嬢様を従順にする方法』(MF文庫J)

今年の猛暑予報は当たりましたね……。

さて、今回はMF文庫Jが2018年7月25日に発売する『生意気なお嬢様を従順にする方法』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

バーチャル美少女を愛する後阪広十は、先行販売で入手したAR装置を起動する。無数の光点はやがて人の形となり――「リ、リーナは……広十様だけの……メイドです……」俺と従順なAI美少女・リーナとのいちゃラブ生活、スタート! さっそくリーナのスカートを覗き込もうとする広十。だったのだが――「そこまでしてパンツが見たいとか、バカじゃないの?」なんとリーナは生意気なお嬢様・永羽星璃々七に乗っ取られてしまったのだ! やめろ! リーナの姿でゴミ虫みたいに見ないでくれえっ! でも待てよ、現実の璃々七には従順なAIの意識が宿って――? リアルとバーチャルが入れ替わる、新感覚ラブコメ開幕!

著者は田口一先生。イラストはねづみどし先生。田口一先生は第3回MF文庫Jライトノベル新人賞にて「佳作」を『魔女ルミカの赤い糸』で受賞。代表作として『この中に1人、妹がいる!』などを手掛けている作家です。本作はバーチャル美少女愛好家である主人公が入手したバーチャル美少女とクラスメイトの女の子の意識が入れ替わって始まるラブコメ作品のようですね。試し読みでは約55ページが公開されています。挿絵も3枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

さよなら、旧時代の現実(リアル)。ようこそ、新時代の現実(リアル)!

主人公はバーチャル美少女を愛する少年、後阪広十。彼は厳しくなる一方の自主規制をかいくぐり、いろんなゲームに登場するバーチャル美少女のパンツを見ることに心血を注いできていたのです。リアル女のパンツなんて頼まれても見ない。むしろリアル女はパンツの価値を貶めている。画面の中の存在だからこそ純粋で汚れのないバーチャル美少女に憧れ続けていた少年は、新時代の技術によって自分だけのバーチャル美少女を手に入れることになるのです。

リアルとバーチャルが厚い壁に遮られてきた「これまで」。しかし「これから」は違う。仮想の物体を出現させる最先端の拡張現実装置の先行テスト販売に当選した広十の前に、バーチャルアテンダントのリーナが舞い降ります。AIによる人工知能、ハイパーホログラフィックによる立体映像。そして、センサーによる接触判定機能。素直で従順に尽くすメイドタイプとして、完璧なまでの理想の女の子として顕現したリーナでしたが、大きな欠点が発覚します。リーナのパンツを見ようとした広十の視界に広がっていたのは暗黒。自主規制という名の暗闇だったのです。

この自主規制をかいくぐりたい。そう考えた広十は開発ツールを用いることで、自主規制を解除できることを知るのです。高度な知識を要すると指摘されながらも、かつてバーチャル美少女のパンツを見るために一切の妥協をしてこなかった広十は、夢と理想に突き進むのです。そして開発ツールを受け取りに行った広十は思わぬ人物に遭遇します。パンツ画像をSNSに投下していた広十を注意したクラス委員長。そしてお嬢様でもある永羽星璃々七。彼女もまた、新機能テストのためのユニットを受け取りに来ていたのですが……。

試し読みでは開発ツールのインストールをスタートさせた折、落雷による停電に見舞われてしまうところまでが公開されています。リーナの無事を確認して喜ぶ広十でしたが、口調や性格に違和感を覚えることに……。永羽星璃々七が確認しようとしていた新機能「ブレインリンク」と関係はあるのか。リーナの中に璃々七の意識が宿って始まる最先端(?)ラブコメに注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©田口一/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:ねづみどし

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト