『異世界チートサバイバル飯 食べて、強くなって、また食べる』のコミカライズ企画が進行中

2018年7月20日に第2巻が発売となったファンタジア文庫刊『異世界チートサバイバル飯 食べて、強くなって、また食べる』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと転移した高校生が「食べた対象の能力を得る」チート能力によって、食材の宝庫たる異世界を渡り歩く最強グルメ活劇を描く。『武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行』を手掛ける赤石赫々氏の最新シリーズが早くも漫画化に向けて動き出している。

【第1巻あらすじ】

現代日本から異世界に飛ばされた、食とアウトドアを愛する高校生の上総悠。目覚めたのは、どう猛な魔物がはびこる秘境だったのだが―『食べた対象の能力を得る』チート能力のおかげで彼の強さは高まり続け、伝説級の魔獣さえも凌駕する!「強い魔獣ほどウマい! 俺にとってここは食材の宝庫だ!!」 カルパッチョ、天ぷらにステーキetc.現代知識を駆使して食材を最大限に生かした彼のサバイバル料理は、美味しく強くなるだけでなく―食いしん坊な治療魔術使い、ロリっ子騎士…異世界少女たちの命を救い、ついでに世界の常識も変えていく!? やがて世界を食べ尽くす異世界最強グルメ活劇、開幕!!

コミカライズの連載は「異世界コミック」が予定されており、2018年9月24日より連載開始予定となる。作画担当者などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行しているこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『異世界チートサバイバル飯 食べて、強くなって、また食べる』は、ファンタジア文庫より第2巻まで発売中。

©赤石赫々/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:東西

[関連サイト]

『異世界チートサバイバル飯』特集ページ

ファンタジア文庫公式サイト