『ナイツ&マジック』がシリーズ累計160万部を突破

ヒーロー文庫刊『ナイツ&マジック』がシリーズ累計160万部を突破した。本作は凄腕プログラマーであり、重度のロボットヲタクでもある青年が、巨大ロボットが駆る騎士と魔法の異世界へと転生する物語を描く。2017年7月から9月にかけて放送されたTVアニメを経て人気は拡大。アニメ放送後となる2018年には展示会も催されていた。2016年から「ヤングガンガン」にて連載されているコミカライズ版も大きな人気を博しており、小説と漫画の双方で注目を集め続けている。

【第1巻あらすじ】

とある一人の日本人が事故でこの世を去った。彼の魂は、異世界において『エルネスティ・エチェバルリア』として転生する。しかも、前世である日本人としての記憶を受けついだまま。エルの趣味嗜好も前世に倣ったものだった。彼は前世に続いて極度の『メカオタク』であったのだ。そんな生まれ変わった世界で、実在する巨大人型兵器である幻晶騎士と出会ったエル。彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。この世界での幼なじみを巻き込みつつ、メカオタクとしての暴走は続いていく―。小説投稿サイト「小説家になろう」で大人気のロボットファンタジーがついに書籍化。メカオタクだった青年が、転生し、思う存分本物のロボットを操る。

本作の最新刊は昨年の9月に発売された第8巻となっており、前巻より約1年が経過しようとしていることからも続刊に関する続報が大変待ち遠しい。本日発売となったコミックス第6巻を読みながら、原作小説の情報も楽しみにしたい。『ナイツ&マジック』は、ヒーロー文庫より第8巻まで発売中。

©天酒之瓢/主婦の友社 イラスト:黒銀

[関連サイト]

『ナイツ&マジック』TVアニメ公式サイト

ヒーロー文庫公式サイト

ナイツ&マジック 8

天酒之瓢(著), 黒銀(イラスト)

ナイツ&マジック 1

天酒之瓢(著), 黒銀(イラスト)