『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』のコミカライズ連載が開始

2018年7月25日に第8巻が発売となったオーバーラップ文庫刊『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』のコミカライズ連載が、「コミックガルド」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、三度の飯よりダラダラ寝て過ごしたい主人公が、召喚された異世界で働かない生活を目指すダンジョン運営ファンタジーを描く。コミカライズの作画は七六氏が担当しており、第1話「絶対に働きたくないダンジョンマスター」がカラー含む52ページで公開された。働きたくないダンジョンマスターが奇跡を起こすダンジョン運営ストーリーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ!」「えー、働きたくない……」 日々をダラダラ寝て過ごすのが三度の飯より好きな俺、増田桂馬は異世界に召喚された先で金髪美少女のロクコと出会った。どうやら俺はダンジョンマスターで、ロクコのダンジョンをピンチから救うために呼ばれたらしい。うまくいけば”働かなくてもいい”優雅な生活が手に入る。だがダンジョンは山賊によって制圧済み、部屋は一つ、トラップもモンスターも無い。わぁそいつは大変だね、どう考えても”詰み”の状況だろこれ。そんな俺にロクコが言った衝撃の一言――「あ、ちなみにダンジョンコア破壊されたらマスターも一蓮托生で死ぬから」……寝るのは好きだが永眠はまだごめんだ。仕方ない、”働かない”生活のためにこの絶望的な状況をどうにかするか!!

⇒ コミカライズ版『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』はこちら

次回の更新は2018年8月24日(金)が予定されており、コミカライズの連載ペースは月イチとなりそうだ。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』は、オーバーラップ文庫より第8巻まで発売中。

©鬼影スパナ/オーバーラップ イラスト:よう太

[関連サイト]

『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト