『蜘蛛ですが、なにか?』アニメーション満載のアニメ化企画進行中PVが解禁 主人公「蜘蛛(私)」役は悠木碧さんに決定

現在、第9巻まで発売されているカドカワBOOKS刊『蜘蛛ですが、なにか?』のアニメ化企画進行中PVが解禁された。本作小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、種族底辺な「蜘蛛」に転生してしまったメンタル最高の女子高生が往く異世界迷宮サバイバルを描いた作品。公開されたPVではアニメーション映像が盛りだくさんとなっているほか、主人公である「蜘蛛(私)」役を悠木碧さんが担当することも明らかとなっている。「蜘蛛(私)」が喋り倒す必見のPVをチェックしてもらいたい。

【あらすじ】

女子高校生だったはずの主人公<私>は、突然ファンタジー世界の蜘蛛の魔物に転生してしまう。しかも、生まれ落ちたのは凶悪な魔物の跋扈するダンジョン。人間としての知恵と、尋常でないポジティブさだけを武器に、超格上の敵モンスター達を蜘蛛の巣や罠で倒して生き残っていく……。種族底辺・メンタル最高女子の迷宮サバイバル開幕!

『蜘蛛ですが、なにか?』アニメ化企画進行中PV

また、「蜘蛛(私)」役を演じる悠木碧さんよりコメントも到着。「最近よく異世界転生させて頂くんですが、流石に「蜘蛛」は初めてでした。キュートでポップなモンスター女子高生を、テンポよく小気味よく面白おかしくかっこよく演じられるように頑張ります!」と寄せている。

【PVカット】

さらに2018年8月12日(日)まで、りんかい線国際展示場駅エスカレーター壁面に本作のポスターが掲出されるほか、秋葉原(UDXビジョン、アキバビジョン、ラジ館ビジョン)と池袋(池袋リブレビジョン、池袋ニコニコ本社ビジョン)でもCMが流されるとのこと。8月10日(金)から8月12日(日)にかけても、国際展示場駅近くで各日程午後から小冊子を配布するという。アニメ化企画進行中の『蜘蛛ですが、なにか?』は、カドカワBOOKSより第9巻まで発売中。

©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/「蜘蛛ですが、なにか?」製作委員会

[関連サイト]

『蜘蛛ですが、なにか?』原作特設サイト

カドカワBOOKS公式サイト

蜘蛛ですが、なにか? 9

馬場翁(著), 輝竜司(イラスト)

蜘蛛ですが、なにか?

馬場翁(著), 輝竜司(イラスト)