『精霊幻想記』第11巻発売記念サイン会がメロンブックス梅田店にて開催決定

2018年9月1日に第11巻が発売されるHJ文庫刊『精霊幻想記』より、最新刊の発売を記念したサイン会がメロンブックス梅田店にて開催されることが決まった。本作は事故に巻き込まれ異世界の孤児に転生した青年が、二つの記憶と人格を有し、出会う人々、複雑に絡み合う前世と現世の関係に葛藤しながら前へと進む異世界ファンタジーを描く。サイン会には著者である北山結莉氏を招いて開催され、2部制で実施される。

【第11巻あらすじ】

嫉妬にかられた貴久の暴走に気づき、ギリギリのところで美春を救い出すことに成功したリオ。貴久の計画に協力していた亜紀の処遇も含めて話し合いがもたれる中、事件を起こした兄姉に複雑な感情を抱く雅人は、リオたちに今後の自分の身の振り方について相談を持ちかける。一方、リオは迷惑を掛けた実家の様子が気になるセリアを連れ、再びクレール伯爵領へと足を踏み入れるのだが、そこで思いがけない人物たちと遭遇し――!?

『精霊幻想記』第11巻発売記念北山結莉先生サイン会

開催日: 2018年9月8日(土)

会場: メロンブックス梅田店 特設会場

時間: 13:00~【第1部】、14:30~【第2部】

出演: 北山結莉

⇒ サイン会の詳細はこちら

サイン会への参加は「整理券」が必要となる。配付は2018年8月18日(土)よりスタートしており、メロンブックス梅田店または大阪日本橋店にて『精霊幻想記』第11巻(通常版・限定版いずれか)を全額内金で予約・購入され、サイン会への参加を希望された方に先着で行われる。サイン会への参加を希望される方は早めに足を運んで「整理券」を入手してもらいたい。

ラノベニュースオンラインアワード2018年4月刊のアンケート結果にて、第10巻が「総合部門」と「感動した部門」で選出されるなど注目を集めているほか、ドラマCD化も発表されている本作。この機会にぜひ読んでみてもらいたい。『精霊幻想記』は、HJ文庫より第10巻まで発売中。最新11巻も2018年9月1日発売。

©北山結莉/ホビージャパン イラスト:Riv

[関連サイト]

『精霊幻想記』特設ページ

HJ文庫公式サイト

精霊幻想記 10.輪廻の勿忘草

北山結莉(著), Riv(イラスト)

精霊幻想記 1.偽りの王国

北山結莉(著), Riv(イラスト)