講談社の小説投稿サイト「NOVEL DAYS」が8月末よりオープンβ開始 「トークメーカー」が名前を変えて講談社運営に

講談社はなんでもできる小説投稿サイト「NOVEL DAYS」のオープンβ版を、2018年8月末に公開すると発表した。「NOVEL DAYS」は「講談社11誌150人超の編集者と出逢える場所」として好評を博しているマッチング型マンガ投稿サイト「DAYS NEO」と、アトリエ特化型イラスト投稿サイト「ILLUST DAYS」の兄弟サイトとして始動する。未来創造株式会社が運営していた小説投稿サイト「トークメーカー」が名前を変え、講談社のもとで新たに生まれ変わるという。

「NOVEL DAYS」は通常の小説、チャットノベル(キャラクター同士の掛け合いの会話形式ノベル)、コラボノベル(複数人で執筆する共著形式ノベル)の投稿ができる「トークメーカー」の機能を受け継ぐ。講談社が運営元となることで、新たな形での小説の展開や新人賞などの開発を通じた才能との出会い、そして開かれた小説投稿サイトとして他業種との協業などを目指していく。

また「DAYS」グループとして、「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」と同一アカウントでログイン状態を共有でき、マンガ・イラスト・ノベルを繋ぐ新しいエンタテイメントを生み出していくとのこと。新生「NOVEL DAYS」は新しい才能に最も早くコンタクトできる「なんでもできる、日本で一番やさしいノベルサイト」を目指して、8月末にオープン予定となる。

[関連サイト]

小説投稿サイト「トークメーカー」