『異世界転生の冒険者』のコミカライズ連載が本日より開始 神々に与えられた力を宿して始まる異世界冒険譚

現在、第3巻まで発売されているマッグガーデン・ノベルズ刊『異世界転生の冒険者』のコミカライズ連載が、「マグコミ」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、命を落とし幽霊となってしまった主人公に声をかけた異世界の神に誘われ、転生して始まる異世界冒険譚を描いた物語だ。コミカライズの作画はしばの番茶氏が担当しており、第0話が24ページで公開された。神をも滅しかねない存在に生まれ変わって始まる物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

事故に遭い命を落としてしまった鳳天馬。しかし神々から気に入られた天馬は、複数のチートを授かり異世界に転生する。膨大な魔力を駆使して魔法を習得したり、調教能力で魔物と仲良くなったりと、チートを使って楽しい時間を過ごす日々。ある日、そんな平穏な暮らしに陰りが見え始め―――。

⇒ コミカライズ版『異世界転生の冒険者』はこちら

【コミカライズ版キャラクターラフ】

コミカライズの連載は2018年9月30日より、毎月30日に更新が行われることになる。物語の先の展開が気になる読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『異世界転生の冒険者』は、マッグガーデン・ノベルズより第3巻まで発売中。最新4巻も2018年10月10日に発売する。

©Kenichi

[関連サイト]

マッグガーデン・ノベルズ公式サイト

異世界転生の冒険者3

ケンイチ(著), ネム(イラスト)

異世界転生の冒険者

ケンイチ(著), ネム(イラスト)