TVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』第9話「美しき月」のあらすじ&先行カットが解禁

2018年7月より放送中のHJ文庫発のTVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』の第9話「美しき月」のあらすじ&先行カットが公開された。また、毎週月曜日にはニコ生特番も放送されており、次回は9月3日(月)20:00より第12回配信が予定されている。

【第9話「美しき月」あらすじ】

大晦日。美月は友人の瑠璃から従姉妹の沙耶を紹介される。考古学に詳しい彼女に勇斗から教えてもらったユグドラシルのことを説明すると、沙耶は北欧神話との関連性を口にする。次第にそれは、勇斗の身に降り注ぐ災いを予言したものになっていく。美月はすべてを勇斗に伝えようと電話をかけるが、抱えていた想いが溢れだしてきて。

【先行カット】

TVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』は好評放送中。原作小説もHJ文庫より第16巻まで発売中。

©鷹山誠一・ホビージャパン/ユグドラシル・パートナーズ

[関連サイト]

TVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』公式サイト

『百錬の覇王と聖約の戦乙女』公式Twitter

『百錬の覇王と聖約の戦乙女』原作特設ページ

HJ文庫公式サイト

百錬の覇王と聖約の戦乙女16

鷹山誠一(著), ゆきさん(イラスト)

百錬の覇王と聖約の戦乙女

鷹山誠一(著), ゆきさん(イラスト)