『精霊使いの剣舞』ドラマCDが2018年11月28日に発売へ 原作小説の3年後の物語にTVアニメのキャスト陣が再集結

現在、第18巻まで発売されているMF文庫J刊『精霊使いの剣舞』のドラマCDが2018年11月28日に発売されることが決定した。本作はシリーズ累計200万部を突破する人気シリーズで、男にして唯一精霊を自在に使役できる主人公が、姫巫女たちと共に最強の精霊使いを決める《精霊剣舞祭》で優勝を目指す物語を描く。今年の2月にオーディオドラマ化が発表され、ドラマCDとして発売されることになった。キャストはカミト役を古川慎さん、クレア役を木戸衣吹さん、エスト役を加隈亜衣さんなど、2014年に放送されたTVアニメのキャスト陣が再集結する。

※〆鯖コハダ氏の描き下ろしイラスト

【キャスト】

カミト: 古川慎

クレア: 木戸衣吹

エスト: 加隈亜衣

リンスレット: 優木かな

エリス: 石上静香

フィアナ: 大西沙織

キャロル: 田中真奈美

ルビア: 大地葉

ドラマCDのシナリオは志瑞祐氏の書き下ろしとなり、原作小説の3年後の物語が描かれる。また、リンスレット役の優木かなさんが歌うドラマCDテーマソング「Be yourself!」のショートverを収録するほか、初回限定特典として志瑞祐氏の完全監修による「人狼ゲーム ~精霊使い剣舞ver」が同梱される。『精霊使いの剣舞』ドラマCDは2018年11月28日発売。原作小説最新19巻もMF文庫Jより9月25日に発売する。

©Yu Shimizu 2018

[関連サイト]

TVアニメ『精霊使いの剣舞』公式サイト

『精霊使いの剣舞』公式Twitter

『精霊使いの剣舞』原作特設ページ

MF文庫J公式サイト