【先週の重版:9月2日~9月8日】『異世界はスマートフォンとともに。』第4~7巻、『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』第2~4巻など

先週(2018年9月2日~2018年9月8日)にオフィシャル告知のあったライトノベル重版情報をお届けします。「重版」とは端的に言ってしまえば増刷です。書店や販売店にも近々並ぶことになるでしょう。直近の人気作品はもちろん、発売後にじわじわと伸びている作品を知るきっかけにお役立てください。

先週は8作品の重版情報を確認しています。2017年にTVアニメも放送された『異世界はスマートフォンとともに。』第4~7巻の重版が発表されているほか、ドラマCD化も決定している『回復術士のやり直し』第2~3巻の重版も発表されています。

【先週の重版作品】

・『魔王学院の不適合者』 第2巻(電撃文庫)

・『察知されない最強職』 第2巻(ヒーロー文庫)

・『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』 第2巻(MF文庫J)

・『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』 第3巻(MF文庫J)

・『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』 第4巻(MF文庫J)

・『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』 第4巻(GA文庫)

・『回復術士のやり直し』 第2巻(スニーカー文庫)

・『回復術士のやり直し』 第3巻(スニーカー文庫)

・『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』 第1巻(スニーカー文庫)

・『異世界はスマートフォンとともに。』 第4巻(HJノベルス)

・『異世界はスマートフォンとともに。』 第5巻(HJノベルス)

・『異世界はスマートフォンとともに。』 第6巻(HJノベルス)

・『異世界はスマートフォンとともに。』 第7巻(HJノベルス)

・『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』 第3巻(HJノベルス)

・『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』 第4巻(HJノベルス)

・『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』 第5巻(HJノベルス)

※重々注意を払いながら情報を収集しておりますが、誤りが含まれる恐れもございますのでご理解とご容赦を賜りますようお願いいたします。また、重版部数に言及するものではございません。

※各公式SNSやブログでの告知、ならび公式実施のRT等を準拠に収集しております。

©冬原パトラ/ホビージャパン イラスト:兎塚エイジ

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト

ヒーロー文庫公式サイト

MF文庫J公式サイト

GA文庫公式サイト

スニーカー文庫公式サイト

HJノベルス公式サイト

異世界はスマートフォンとともに。7

冬原パトラ(著), 兎塚エイジ(イラスト)