『ガーリー・エアフォース』のコミカライズが決定 美少女×戦闘機のアクションストーリーが漫画に

現在、第9巻まで発売されている電撃文庫刊『ガーリー・エアフォース』のコミカライズが決定した。本作は空に焦がれる主人公と「ドーター」と呼ばれる戦闘機を操る「アニマ」の少女たちが、人類の航空戦力を圧倒する謎の飛翔体・ザイに立ち向かう美少女×戦闘機ストーリーを描く作品で、2019年冬のTVアニメ化も決定している。このたびアニメ放送に先駆ける形で漫画化も新たに発表された。コミカライズの作画は瀬口たかひろ氏が担当することも決定しており、連載は「少年エース」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

人類の前に突如出現した謎の飛翔体、ザイ。災厄を意味するその存在は桁外れの戦闘力であらゆる航空戦力を圧倒した。彼らに対抗すべく開発されたのが、既存の機体に特殊なチューニングを施し、異次元の高機動を実現したドーターと呼ばれる兵器。操るのは、アニマという操縦機構。それは―少女の姿をしていた。パイロットだった母をザイにより失った少年、鳴谷慧が出会ったのは真紅に輝くスウェーデン製の戦闘機、そしてそれを駆るアニマ、グリペンだった。人類の切り札でありながら挙動が不安定なグリペンと、空に焦がれる少年の、長くて熱い物語がはじまる。

コミカライズの連載は2018年10月26日に発売する「少年エース12月号」より開始となる。コミカライズ、そしてTVアニメ化が控えるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『ガーリー・エアフォース』は、電撃文庫より第9巻まで発売中。

©夏海公司/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:遠坂あさぎ

[関連サイト]

TVアニメ『ガーリー・エアフォース』公式サイト

TVアニメ『ガーリー・エアフォース』公式Twitter

『ガーリー・エアフォース』原作公式サイト

電撃文庫公式サイト

ガーリー・エアフォース IX

夏海公司(著), 遠坂あさぎ(イラスト)

ガーリー・エアフォース

夏海公司(著), 遠坂あさぎ(イラスト)