『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』がシリーズ累計200万部を突破

2018年10月2日に第11巻が発売された講談社ラノベ文庫刊『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』がシリーズ累計200万部を突破した。本作はこれまでプレイしてきたゲームで「魔王」と呼ばれていた主人公が、魔王の姿のまま異世界へと召喚され、自身を召喚したという二人の少女と共に歩む異世界冒険譚を描く。2018年7月から9月にかけて放送されたTVアニメでより大きな人気を獲得しており、8月にはシリーズ累計150万部の突破も発表されていた。それから約1ヶ月半でさらに50万部を積み上げた。第10巻より新展開へと突入している本作への注目はますます高まっている。

【第11巻あらすじ】

MMORPGクロスレヴェリのトッププレイヤー坂本拓真は、異世界に召喚され、魔王ディアヴロを演ることに!? シルヴィと一緒に指輪を入手して(とある店の無料券とは関係なく)王都を訪れる。ところが、魔術学園の騒動を解決するときに目立ちすぎた。王宮騎士に連れられ、とうとうリフェリア王の前へ。そこで高らかに宣言する。「我が名はディアヴロ! 異世界より来た魔王であるッ!!」依頼を引き受け、南方を訪れるディアヴロたち。そこはレムの故郷だった。生家の稼業を彼女は断じる――「たんなる、ヤクザです」やがて世界を震撼させる魔王(演技)が、絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、第十一幕!

原作小説ではTVアニメの続きの物語も描かれているので、この機会にぜひ読んでみよう。『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』は、講談社ラノベ文庫より第11巻まで発売中。

©むらさきゆきや/講談社 イラスト:鶴崎貴大

[関連サイト]

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』公式サイト

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』原作公式サイト

講談社ラノベ文庫公式サイト

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術11

むらさきゆきや(著), 鶴崎貴大(イラスト)

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

むらさきゆきや(著), 鶴崎貴大(イラスト)