『世界でただ一人の魔物使い ~転職したら魔王に間違われました~』のコミカライズが決定

2018年10月10日に第2巻が発売するカドカワBOOKS刊『世界でただ一人の魔物使い ~転職したら魔王に間違われました~』のコミカライズが決定した。本作は「勇者」の天職を授かった主人公が面倒な使命を避け続け、転職の結果「魔物使い」になってしまう物語を描く。コミカライズの作画は堂島ノリオ氏が担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「マンガUP!」にて行われる。

【あらすじ】

ノアが天職『勇者』を授かり、五年。魔王討伐という面倒な使命を避け続け、彼は探し求めた「転職の書」の前に立っていた。―転職して、田舎で嫁でも迎えてのんびり幸せに暮らそう―そう願う彼の次の天職は『魔物使い』。それは、自分より低レベルの魔物を仲間に出来るという“元カンスト勇者”だった彼にとっては最悪の職業で…? 僕は魔王じゃありません! 隠居したい元勇者は、夢のほのぼのスローライフを実現できる…のか?

コミカライズの連載は2018年10月10日の開始が予定されている。第2巻の発売にあわせてコミカライズがスタートする本作をぜひ読んでみよう。『世界でただ一人の魔物使い ~転職したら魔王に間違われました~』は、カドカワBOOKSより第1巻が発売中。最新2巻も2018年10月10日発売。

©筧千里/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:hu-ko

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト