『狼領主のお嬢様』&『31番目のお妃様』のコミカライズ連載がビーズログ・コミック69号より同時スタート

カドカワBOOKS刊『狼領主のお嬢様』、そしてビーズログ文庫刊『31番目のお妃様』のコミカライズ連載が、2018年10月5日発売の電子雑誌「B’s-LOG COMIC 2018 Vol.69」より同時スタートした。『狼領主のお嬢様』は第2巻まで発売されている作品で、悪逆領主の娘として処刑された少女がかつての断罪の地に転生し、終わったはずの因縁の“恋”が動き出して始まる物語を描く。コミカライズの作画は柑奈まち氏が担当しており、第1話が掲載された。

【あらすじ】

悪逆領主の娘として処刑された記憶を持ち、前世と同じ場所・ライウス領に転生した少女・シャーリー。現在この地を治めるカイドは、前領主の悪事を暴き断罪した立役者であり、シャーリーの前世の“偽りの恋人”で―仇だった。修道女になるはずのシャーリーが、カイドの館のメイドになった時、運命は再び動き出す。15年前の過ちと嘘、ライウス領を狙う陰謀、そして“ライウスの徒花”の真実…。全てを巻き込み、転生しても続く“偽りの恋”の行方は―。

『31番目のお妃様』は第1巻が発売されている作品で、辺境領主の妹である田舎娘が、貧乏くじなお妃様と揶揄される、国王の31番目の妃候補に選ばれて始まる規格外妃の後宮成り上がりストーリーを描く。コミカライズの作画は七輝翼氏が担当しており、第1話が掲載された。

【あらすじ】

辺境領主の妹フェリアに降ってきたのは、マクロン王の31番目のお妃様(候補)に選ばれたという話!……って3カ月に一度しか王のお越しがない『貧乏くじ』のお妃様かーい!!「まぁどうでもいいわ」と畑を耕し始めたフェリアだったが、初対面でマクロンと恋に落ち、『31番目』なことが最大の障壁になって!? 規格外妃の爽快&痛快! 成り上がり邁進劇!!

本雑誌については、各電子書籍ストアにて配信が行われている。各物語の先の展開が気になる読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『狼領主のお嬢様』は、カドカワBOOKSより第2巻まで発売中。『31番目のお妃様』もビーズログ文庫より第1巻が発売中。

©守野伊音/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:SUZ

©桃巴/KADOKAWA ビーズログ文庫刊 イラスト:山下ナナオ

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト

ビーズログ文庫公式サイト

B’s-LOG COMIC 2018 Oct. Vol.69

コミックビーズログ編集部(編)